新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
残念ながら、当地では拡大は当面続くと言われています。
ワクチンの接種を急いでおり
8月くらいには落ち着くのではないか
という見方があります。
うーむ、確かにそうですが、今仕事を一緒にしている会社はインドですが、Teams やメールの先で、コロナに罹患しても日本の風邪くらいの感覚で、普通に仕事をしている人が多いです。
→やはり、若い国だけのことはあります
インドのワクチン事情については下記の記事がよくまとまっています。
https://www.bbc.com/news/world-asia-india-55748124
ローカル生産のアストラゼネカ、完全ローカルのコバクシン、そしてロシアのスプートニクV。

感染状況は深刻ですし、最近はシンガポールはインドからの入国者の施設隔離を2周間から3週間へと伸ばしています。他方、現地生産ワクチンがあることと、これからスプートニクVが入ることを考えると接種率が上昇してくと思われます(効果は別として打った数は増える)。

各国のワクチン接種状況は下記のNYTの記事が常にデータを更新しており便利です。
https://www.nytimes.com/interactive/2021/world/covid-vaccinations-tracker.html
インドでは、インドの検査キャパシティは1日150万人だから日当たり感染者数がこれを超えることはないというインディアンジョークが広まっている模様…

いやはや
インドは警戒感MAXです。ここ1~2日、二重変異株どころか、三重変異株が確認されたという話題で持ちきりです。
ワクチン接種は足元で1日200万回を上回るペースで進んでおり、累計で1億3000万回以上の接種が行われています。しかし、人口の多さを考慮すると、感染力の強い変異株による感染の拡大のペースになかなか追いつかない状況です。

ワクチン不足も指摘されるところで、政府はワクチン輸出の抑制、海外で承認されたワクチンの緊急使用許可、国内ワクチンメーカーの設備増強支援などで、なんとか調達を増やそうとしています。

1月に接種を開始した際、政府は8月までに3億人に接種する計画でしたが、5月からは接種可能年齢を18歳超まで引き下げますし、前倒しでどんどん進めていってほしいと思います。
そうか、菅総理は、感染累計数第一位のアメリカと、第二位のインドを連続訪問したかったのか。

でも、なぜ?
表面上は風邪のような症状のコロナでは、他に感染症の危険があるインドにおいて抑え込むのは難しいのでは。
一時感染者数が減ったのが私には不思議というが何故なのかわかりませんでした。
ここはもうワクチン接種を全力で推し進めていただくしかないのではないでしょうか。
少しでも早く減少に転じることを願います。
インド政府の22日の発表で、1日当たりの感染確認者数が初めて30万人を超えたそう。
桁違いとはこのこと…