新着Pick
57Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
本来であれば日本企業が戦略的に取り組めば獲得できる需要だったはず。
象徴的な事例だが、今の日本企業の弱さを物語っている。
なぜこのような事態が起こっているのか。色々探索していると、やはり消費者を知らない、市場を正確に捉えられていないという基本中の基本ができていないケースが多い。

顧客理解、市場理解という前提がわかれば、いくらでも戦略も施策も思いつく。
その前提をクリアにした上で、日本企業が持つ数少ない強みや勝てる領域にオールインで取り組まなければ到底中国市場で勝つのは難しい。
人気 Picker
「日本の匠」がキーワードとなって、中国人の心をくすぐっているのだと思います。

中国では数年前から「工匠精神(匠の精神)」と言う言葉が使われ始めました。そこでよく話題になったのが日本。私も2016年に、日本の職人、匠についてメディアから取材を受けたことがあります。

あまり話題になっていませんが、今年の「政府活動報告」、「第14次五カ年計画および2035年長期目標綱要」にも「工匠精神を発揚する」との記述がありました。

「日本の匠」がさらに注目されるかもしれませんね。
面白い。作り込まれたストーリー、伝統に弱い中国人を狙ったブランディング。これ日本人俳優に演じさせていたら、もはやバレなかったのでは?ネタ記事なのに中国toCに関わる人にも役に立つ良記事。

多分、藤田金属をオマージュしてて、だから、伊藤なんだろうと思う。
いったい何が正しいプロダクトなのかというか本当にいろんな知恵がありますね。南米でニセのワクチンが流通したり、そんなソーシャルグッド誰も幸せにはなりませんよね。

オンラインがより活性化するとなると本物を提供する匠側は何が類似人と違うのか極秘で決めておかないと差別化出来ないですね。
ほー。勉強になります。