新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ググればなんでもやり方がわかる時代。しかし、上の世代はいまだにあえて教えない、考えさせることばかり迫る。しかも、間を取り持つはずの世代は氷河期でいない…

こんな風景をよく見ます。

もちろん、自分なりに考えることの大切さは変わりません。
しかし、考え方を教えたり、パターンを知らせたうえで自分なりに考えさせるなど、補助線を引くことが欠かせない、と考えます。
たいしたことのない思考能力が仕事だと思っているアホな先輩多いですよね。手取り足取りかは知らないけど、簡単な仕事はやり方教えればいいのに、なんか無駄に野放しにして放置感を出す。で、嫌になる後輩達。ジョブ型にして、やれる仕事が増えたら給与に反映されるなら、たぶん若者は勝手に仕事覚える。スキームの置き方を昔と変えないとダメですね。
これだけでは判断がつかないですが、仮に質問に来るタイプの新人なら私が上司ならまずは嬉しい、というか、今後の成長を見たいと思う。質問のレベルや性質、タイミングが少しずつ変化するのを見たい。質問する、教えてもらうというのは、考え方の一般化や問題点の洗い出しや改善のために必要なステップだと思う。

逆に、口を開けて待っているタイプの新人ならつまらない。楽しくないのかなと思う。それならどうしてここに来たのかなと、心配に思います。

>「手取り足取り教えてもらうのが当たり前」だと思って入社してくる若手が多い