新着Pick

東京女子医大で医師100人超が退職

東洋経済オンライン
「若手医師たちから、もう辞めたいと言われた時、引き留める気にはなりませんでした。ここに残っても状況が良くなる保証は何もありませんし、私も若ければとっくに辞めていましたから」電話から聞こえてくるベテラ…
943Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も大学病院時代は多忙にも関わらず、手取りが10万に色がついた程度で家賃も払えなかった状況でした。
休日に生活費のためにバイトに行くなどして100連勤をしたこともありました。周りの大学病院の医師も皆そうでした。

アカデミックな様々なことを勉強できる、経験できる環境ですが労働に見合った給与体制も確立すべきだと思います。
同じような環境、つまり「大学医局」に属して働く医師として、これはありえない仕打ちだと思います。
高給取りのイメージがある医師ですが、開業医や市中の勤務医と違い、大学病院の勤務医は本体(つまりメインの勤務先)からもらう給料は非常に安価です。それを「医局」というステージが用意するバイトでまかない、生計を維持するのが常です。(毎日働く大学からの総給料<週一の外勤の総給料、も良くある話)
医師は学会費や書籍日はじめ、記事にあるように出費も多い職業です。大学に所属する医師では一定期間大学院に行くことにより、無給期間も発生します(いわゆる無給医問題にも繋がります)。

確かに教授など有名な方は原稿料などもあり、収入は高額になりやすいですが、大学医療の現場を担っているのは若手~中堅であり、子持ち世代なども多いのが現状です。そんな中、突然の外勤禁止や給与削減を提示されれば、正直「生活の糧を失う」というのがリアルな感想です。
この100人の中には、大学での研究や高度医療を担う意思を持ちながら、泣く泣く諦めて他へ移った人もいるでしょう。

コロナにおける罰則の件、学費の件といい、女子医大の最近の方針には、「現場の人」を無視した方策が多い印象です。医療(に限らずですが)は人なくして成り立ちません。今後が危ぶまれます。

PS
病院のメインの診療科は当然、内科です。ここで170人中50人、約3割がやめたというのは、病院の運営の根幹に関わりますし、他科の診療にも大きな影響が出ると思います。
日本の医師も含めた高度専門職の人たちの雇用条件は低すぎると思います。もし大学病院で十分な報酬が提供できないならば兼業を認めて得られる収入を確保できなければ選択肢のある人程退職していくのは必然だと思います。

アメリカのスタートアップがその分野の世界的な権威をアドバイザーとして雇おうとした際に報酬の安さに驚いて、逆に心配していました。
コロナ禍の組織マネジメントが色々話題になっていた東京女子医大。

以下、産業医という立場としてのコメントですが、これまで痛い目に遭って初めて労務環境について真剣に考え出す組織を多く見てきました。

身も蓋もない話ですが、労働者側がもっと自分に正直になってより魅力的な組織を選ぶことが結果的に組織の働き方改革を最も推進すると思っています。
きっかけは医師の副業の取り扱いのようです。
私は副業の労働時間など管理しなくて良い、通算しなくてよい、それでも適法、そんなことしても誰にも何もいいことない、と散々色々なところで発信していたのですが、届かなかったようです。
「人は城、人は石垣、人は堀」という言葉をご存じないのだろうか。どんなに強固な城があっても信頼できる人がいなければ役に立たないという意味だ。最近、企業でもガバナンスバカによる締め付けが多い。ガバナンス重視のあまり法令違反している所もある。本末転倒。守るべきものはそこじゃない。働く人間が離れていく所は結局衰退する。
「外勤をやめなければ給与を下げる」
大学病院の勤務医の生活基盤を破壊するような話ですよね。

私立の大学病院の給与はそれなりのポジションについても1000万円ぐらいでしょう。医師=高給のイメージとは大きく異なります。
開業医になれば2000万円以上、平均的には3000万円ぐらいでしょうから、この格差は大きいです
10数年前、食道ガンの父が入院してました。毎日、見舞いに行ってました。
担当の先生とは別に研修医の先生(女子医大なので女性)もいらしたんですが、昼も夜も平日も土日も、いつもいるので、「先生、いつもいますよね、帰ってるんですか?」と聞いたら「今朝帰りました」とのことで、暗黒な研修医や働き方を垣間見ました。アクセンチュア出身で、それなりに非人道的な働き方も経験した私も閉口です。

あのアクセンチュアさえ、働き方改革したんですが、医療の世界は変わらないようです。むしろ、やりがい搾取もあって更にあくどい。
東京女子医大はかなり前に亡くなった夫が10年以上お世話になっていた病院です。私も夫が入院している時はほぼ毎日行っていたし、その後もお世話になったドクターと親しくしていただいていたので、これはどうなっているのか、とびっくりしました。
臨床はとても大変な職場だ、と思っていたので、記事から見る限りこうした意思決定が一方的にされたのだとすると、やってられないと思うのは当たり前ではないか、と。
 この病院に限らず、医療が大事と言われている割に、仕事の環境があまりにもひどいのでは、継続できないと思います。
「「夏のボーナス支給ゼロ」に対して、看護師約400人が辞職の意向を示した混乱に続き、今回は医師100人超の一斉退職という異常事態」
大変な事態ですね。普通の民間企業なら倒産してしまうのではないかというくらいの状況かなと。「一部の診療科が閉鎖され、入院治療の中止を余儀なくされた診療科も出ている」のだそう。そうですよね。。

本記事の最後に書かれている30代医師の言葉がとても印象的です。