新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国では急速にワクチン接種が進行し、すでに総接種回数は2億回以上を数えますが、感染流行を抑え込むにはまだ全く足りません。

また、南アフリカ由来の変異ウイルスを中心に、既存のワクチンの有効性の低下も懸念される中、現在の道半ばの状況で再度の感染拡大を起こすことは、ワクチン抵抗性の変異ウイルスの出現の可能性を大いに高めることにつながります。

「正常化」に向けての着陸体制に入る中、乗客全員がシートベルトを締めなおすように、今こそしっかりとワクチン以外の手段も用いて感染抑制をしなければ、安全な着陸はできないのです。渡航中心勧告には、そのような意味合いがあるのだと思います。
世界の8割という大雑把な内容なので、
少しだけファクトを整理します。

基本的にアメリカが渡航禁止をしているのは、
・全ヨーロッパ
・南北アメリカ
・その他の多くのエリア (アジアやアフリカの広域)


逆にここに該当しないエリアは、
・東アジア
・オセアニア

この両エリアはレベル3以下で、相対的に緩いです。


一目で分かるCDCの本サイトが見やすいです。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/map-and-travel-notices.html#travel-1
いよいよ本格的?になってきた様子。いかにこのウィルスが手強いか、と言うことのようです。海外旅行はしばらくできない、と言う前提でライフスタイルを考えねば。。。
航空業界にとっては、甚大なダメージになりますね〜。
米国は最も危険とされるレベル4の「渡航してはいけない」を国を、世界の80%に拡大すると発表しました。
「米政府は、欧州の大部分、中国、ブラジル、イラン、南アフリカに最近滞在した外国人ほぼ全員の入国を制限している」とも。
ワクチン接種はアメリカの方が進んでいますが、マスクをしないで普通に話しているのを見ると、少なくとも自分がワクチン接種をするまではアメリカには行けないと思うし、ワクチン接種をしても、あのノーガードな状況を見ると行くのは躊躇するかもしれません。

対してアメリカ人は、どうなんでしょう。
東京五輪中止の序章と思うのは私だけでしょうか?
大山さんご提示のCDCリンクだと日本はLevel2:moderateですが、これをもとにMurataさんの国務省のランクではLevel3だと言うことですかね。(こちらがこの記事の対象?)
レベル4となる国に、日本は含まれるのだろうか。
残りの2割は、感染のリスクが低い国、という考え方でしょうか

そこへの旅行が集中したりもするかもしれないですね