新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
HEVやFCEVを含めた全方位戦略には変わりなくとも、BEVのキャッチアップを加速化しなければならないことは自明。発売1年以上も前に「bZ4X」を発表することは、トヨタ内部の意気込みの表れ。
「Toyota bZ」というサブブランドを提供するのは悪くはない。後発としてキャッチ―かつトヨタ独自のウリが何か、まだ咀嚼中である。
e-TNGAはSUBARUと共同開発を進めるEV専用プラットフォーム。「bZ4X」はRav4よりやや大きめの中型CUVとしてSUBARUと共同開発した。電動車向けAWDとステアバイワイヤの出来栄えが最大の注目点であるが、残念ながら詳細が無い。
スズキとはコンパクトCUV、ダイハツはコンパクトハッチバック、BYDとはコンパクト低価格車の共同開発を進めているようだ。
先に出ようが後からいこうが、ユーザーの支持を得られるか否かが勝負。トヨタには頑張って欲しい。
機が熟するのを待っていたであろうトヨタ。
EV戦国時代の新たな将軍となるのか。
その反撃が楽しみです。
バッテリーが鍵を握ると思う。Mercedesの新型EQSは新世代バッテリー「NMC811」ーニッケル8でコバルトとマンガンの含有量を10%以下にするーを搭載する。
bZというサブブランドだがトヨタは外さないという点と、BYDとやるという2点に注目。

ブランドについては、LEXUSは別ブランドにした。一方で今回はサブブランド。ユーザーセグメントで分ける場合には別ブランドにしてディーラーも分けるだろうが、今回はHVでプリウスを登場させたのに近く、通常の豊田ディーラーで売る。ただプリウスと違い1モデルではなく複数モデルなのでサブブランド。

BYDとの提携については、他地域でのEVの展開時のモデル、そしてバッテリーやプラットフォームをどうするのか含めて今後の戦略・報道に注目したい点。
「TOYOTA bZ」と名付けたEV専用のブランドを設け、日本国内のほかヨーロッパやアメリカ、中国などで販売するそう。

リリースはこちらになります
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/34997209.html
EVのイメージはあまりなかったですが、ここから楽しみですね。海外勢にEVは押されていくとは思いますが、トヨタブランドがどこまで浸透するかは日本のブランド力が問われているようにも思います。

---
トヨタ自動車は車の電動化についての新たな計画を発表し、2025年までにEVを現在の6車種から15車種に増やします。
HEVやFCEVを売る気なら、今までと何も方針は変わらない。

トヨタは、BEVを本気売りするつもりは全く無いと思います。
言わずもがなですが、自動運転とか、カーシェアとか、CASEのE以外にもやること山積。ただ、守勢に入ったらそこから負けが進みそうなので、攻め続けるしかないのかな。
トヨタ程の企業なら国内向けにPHV、海外向けにEVでしょうか。

全個体バッテリーに期待です。
15種のEVとは凄い。一気にこの分野へ注力する流れですかね。
圧倒的にEV車が増える雰囲気が各プレイヤーからしており、街を走る車も数年後は変わってきそうですね。静か過ぎてイヤホンしてると後ろから来てるのに気づかないことがネック…
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.8 兆円

業績

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア