新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ステイホームが追い風でしょうから、コロナ禍はむしろ2桁成長の支援材料ではと思います。
人気 Picker
レゴは、事業戦略と施策がうまく絡み合ってますね。

まず、おもちゃメーカーとして、ライセンスビジネスではなく物販ビジネスです。
製品売上が99%、ライセンス収入は1%.
特徴的なのは、製品売上の粗利率が高い!72%です。
 粗利率 = 粗利(売上 - 原価) ÷ 売上高

そして、ビジネスモデルはライセンスが価値の源泉となっています。
売上高に対して、ライセンス料が7%。
コラボ商品の著作権に支払う費用です。多い印象です。
ちなみに、材料費は売上高に対して14%、プラスチックなので少し安く感じます。

このライセンス料の部分で、マリオやスターウォーズとのコラボ商品を誕生させています。
はじめて、マリオのレゴ見た時、絶対買いたいと思いました。

コラボ側の世界感をレゴで実現しつつ、高い利益率を保つ。
今後もロゴ事業の進化が楽しみです。
LEGOは確かにstay homeでは最適な知育玩具になると思います。

私の子供の頃にはなかったSTAR WARSなどのコラボ商品も人気です。

今回はマリオとのコラボはさらに人気を増やすでしょう。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
8.23 兆円

業績