新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ロシアはもともと2025年の運用停止以降、現在のモジュールを切り離して独自運用するという計画もあったが、結局それはボツになったということ。すでに月探査では中国と協力する方針を示しており、アルテミスに参加する予定はない。
人気 Picker
現在の枠組みでのISSの運用は2024年末までとされており、日本も2025年以降のISS関連の予算配分はまだ不透明なままという認識。ロシアの2025年以降は参加しないという発表も、技術、経済合理性、政治のすべての側面でまあその判断になるよね、という印象。

日本はどのような判断になるのだろう。何等か関与するのならば、きっちり投資してリターンも得るよう計画されますように。だらだらとお付き合いでお金だけ出すということだけは避けて欲しい。
ロシアとアメリカ(もちろんその他の国も)が協力して運航してきたISSは国際政治の壁を超えた協力の象徴的な場所だと感じていたので、とても残念。スペースXがISSに有人飛行を成功させ、ソユーズに頼らなくなって、米ロの力関係も変わってきたということか。
ロシアは2025年以降、国際宇宙ステーション(ISS)での協力を更新しないとのこと。
独自ステーション計画に移行するのでしょうが、残された数少ない米露協力枠組みであるISSからもロシアが抜けるというのは更なる分断を象徴するような感じがします。
しかしそうするとISS用に新たに打ち上げる筈だったロシアの「ナウカ」モジュールはどうするんでしょうか。