新着Pick
525Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
より難易度が高い地球での一段目ロケットを目標地点に着陸させる技術があるしね。
人気 Picker
これめちゃくちゃ驚きでした。同僚とも今日話でもちきり。

驚き① 最初は2社選ばれるってプランだったのに、蓋を開けたらSpaceX一択
驚き② (僕だけかもだけど)Blue Origin率いるNational Teamの出来レースかと思ってた
疑問 本気でSLSとオリオンがいらなくなるんじゃ・・・。記者会見で当然その質問も出て、まずStarshipが無人で月軌道に行ってチェックアップして、その後に宇宙飛行士はSLS/オリオンで月軌道へ。で月軌道でStartshipで乗り移る、ということでした。確かに地球への再突入・着陸の部分はStarshipに不安は残るので、宇宙飛行士の命はカプセル型のオリオンに預けるというのはわかるけど、しかしSLS+オリオン+SuperHeavy+Starshipって色々と重複が多いといういうか、もしゼロからミッションを設計したらそうしなかったかなあという気も。

何にしても、NASAのSpaceXに対する厚い信頼の結果であることは間違いありません。まもなく星出さんが乗るCrew-2も打ち上がります!

[追記]記事に若干の誤りがありますね。何が「驚き」だったかを含め、もう少し解説します。

およそ1年前の時点で、3チームが検討対象として選ばれ、初期フェースの研究開発で数百億円ずつが与えられていました。その時のニュースとコメントがこちら↓
https://newspicks.com/news/4869007?ref=user_198783

3つのチームと予算配分額は:
1. Blue Origin率いる"National Team" - $579M
2. Dynetics - $253M
3. SpaceX: $135M

昨年の時点でおそらく多くの人はBlue Originが本命と思ったわけです。それは予算額も現れています。コンセプトも一番王道かつ堅実で、かつチームにはロッキード・マーチン、ノースロップ・グラマン、

あがーーーー、たくさん書いてPick押したら1400字です、と。。。。。ってかNewsPicksさん、早くこのUI改善してくださいよ!!せっかく書いたコメントを消すのは勿体無いのでこちらに全文をアップしました:http://hiroono.com/ja/2021/04/17/spacex_selected_for_hls/
スペースXの技術の源はアポロ計画のルナランダーエンジンから来てることを考えると感慨深い。starshipは前澤マネーに加えNASAマネーもゲットして盤石だな。SLSは完全に無用の長物。
月着陸機(ランダー)はSpaceXとBlue Originが残っていたが、結局SpaceXを採用。最後のカギになるのはロケットをNASAが開発しているSLSにするか、民間に任せるか。現状ではSLSがなかなか進まないので、そろそろ決断の時期だが…。
これSpaceXの技術力と実績をNASAが相当高く評価しているっていうことですよね。かなり「差」があるという評価がされているのでしょう。こうやって実績が実績を生む分野だけに、2社目以降とどんどん差がついて行ってしまう。にしてもSpaceXすごすぎ!

「これまでは1社が開発に失敗したときに備えて複数の企業と契約を結んできたが、今回はその慣習を破り、スペースXのみを選出」
ベゾズのBlue Origin敗れる。NASAからの信頼の厚さが分かる


NASAは1次期有人月探査計画で使用する月面着陸機の開発企業に、イーロン・マスク率いるSpaceXを選定した。契約は29億ドル。これまでは1社が開発に失敗したときに備えて複数の企業と契約を結んできたが、今回はその慣習を破り、スペースXのみを選出した。
「これまでは1社が開発に失敗したときに備えて複数の企業と契約を結んできたが、今回はその慣習を破り、スペースXのみを選出した」

それだけスペースXの実績が断トツだということですね。ベゾスはアマゾンのCEOを退いたので Blue Originに注力するはずですが遅すぎたかも知れませんし、テスラも入れると20年近くの製造経験があるマスクに追いつくのはなかなか厳しそうです。それにしても Starship は何度見ても空飛ぶイカ飯にしか見えません笑
もう月まで行けるぐらい、スペースX社の技術は成熟しているのですね。
凄いです。はやく宇宙が当たり前のものになってもらいたいと思います。
Elon Muskは歓喜し、Jeff Bezosは悔しいでしょうね…

しかし、NASAがElon Muskに月着陸機を委託する時代が来るとは…10年前…いや5年前には誰も考えなかったでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません」
実績が増えるごとにより大きなチャンスが掴めるように。
いずれ火星まで人類を連れてくのもこんな感じの民間機かもしれませんね。
NASAの、米国の次期有人月探査計画で使用する月面着陸機の開発企業に、スペースXが選定されたそうです