新着Pick
510Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「自らの夢=会社の利益=社会貢献」、共感しかありません。企業には社会を良くするチカラがあります。

同時に、従業員が仕事を通してなりたい自分への成長ができる事はとても大切です。企業のパーパス、ビジョンへ向かい共に歩み、自身の成長と共により多くのお客様をハッピーに笑顔にすることは、この上ない達成感ですよね。仕事の一番大切な事は、こころだと痛感します。
鳥貴族ホールディングス社長・大倉忠司氏の連載を本日からスタートします。
---
新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けているのが、飲食業界。中でも、酒類を提供する居酒屋のダメージは大きい。

業界に新風を吹き込み、1985年の1号店スタートから今や600店以上にまで店舗を拡大してきた鳥貴族も例外ではない。しかし、創業者の大倉忠司社長は、「ピンチをチャンスに変えてきたのが、鳥貴族の35年の歩みだった。このピンチをチャンスに変える」と意気込む。

顧客や従業員からの高いロイヤリティでも知られる鳥貴族。その強さは、どこにあるのか。(全7回)

■第1回 売上高96.1%減。焼鳥屋で社会を明るくしたい
■第2回 人より努力して働くことが、成功する道
■第3回 1号店オープン時から全国チェーンを構想していた
■第4回 全メニューを均一価格にした理由
■第5回 こだわるべきコスト、こだわるべきでないコスト
■第6回 人を大事にしなければ、会社は大きくならない
■第7回 コロナのおかげで第2の創業が始まった
最近はKBSの卒業生も起業するケースが増えていますが、そこでよく聞くのは「ありがとう、とお客様に言っていただくのは何物の持かえがたい」という声。従業員の方の動機もいろいろなんでしょうが、そうした体験を通じて「社会を明るくしたい」というビジョンがしっくりしていくんだろうと思いました。
素晴らしいです。
同じ焼き鳥屋/居酒屋でも、志があるお店とただ提供しているお店では
従業員にもお客様にも伝わります。
今期2Qの数字で、売上10,831百万円(前年比62.2%)・営業利益△1,217百万円(前期1,358百万円)。足元非常に大変ですが3ヶ年投資金額44億円想定のうちバーガーで20億円と新規事業もいよいよ本気で始まるので楽しみです。
共感します。「自らの夢=会社の利益=社会貢献」
そして、従業員が鳥貴族の焼鳥に誇りを持ってもらいたい。仕事をする上で健全な「誇り」は最も重要なのではないでしょうか。
スタッフの方々の接客も素晴らしいので、鳥貴族と串カツ田中のファンです。
VUCAの状況が長期化する中、従業員の気持ちも刻一刻と変化しています。大方は不安、不確定、不確実という中で明らかに賑やかさを常に感じていた飲食店では日々如実に本当にこのままで大丈夫だろうかといった気持ちをマネジメントする事が基本であり、反面とても士気を維持し、高めるのが困難だと痛感します。社交の場でたわいない話をしたり、外食したりする移動の機会が数ヶ月損なわれるという中、社会貢献という気持ちや理念が実はこれからの世界でますます必要とされるのかなと思うので、しばらくまだ辛抱の時が続きますが、その日が来れば伺いたいお店のひとつにしたいなと今回の記事を拝読して感じました。
コロナ禍以降、テイクアウトをたびたび利用しています。1日も早い営業再開を!
「うぬぼれ中」の札の意味、いいですね。このお値段なのに、国産の新鮮鶏肉を開店前に串打ちしていることも驚きました。

恥ずかしながら関ジャニ∞大倉さんのババの店、という目で見ていましたが記事を読んで印象が変わりました。
コロナ禍で業績が厳しいことはさておき、うぬぼれという四文字に代表されるような大義を抱きそれを追いかけ続けること、そのためのこだわりや信念が垣間見えた気がします。

実際に鳥貴族に行ったときに大きな満足感が安いのに美味しい、雰囲気が楽しいからまた行きたくなる、という点です。家の近くにも出来て欲しい。厳しいと思いますが、まだまだ事業拡大をお願いします!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社鳥貴族(とりきぞく)は、大阪市浪速区に本社を持ち、主に大阪府・兵庫県・東京都を中心に居酒屋「鳥貴族」を展開する企業。 ウィキペディア
時価総額
222 億円

業績