新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一歩も外に出なくてもオンラインで色々な娯楽に溢れている中、アミューズメントパークという場に、何を人が求めるのかかと考えた時に、この記事であった「没入感」を求めにいく側面は大きいのかなと感じました。
ジェットコースターでスリルを味わい、次のアトラクションでメルヘンな気分に、と次から次へと一時的な感情を得るためだけに遊園地にわざわざ足を運びたいと考える人は今の時代は少ないのではないでしょうか。それよりも「時間や自分の本来のアイデンティティさえ忘れてしまう!」みたいな没入感を、オンラインゲームや映画などに勝るものをフィジカルに体験できるなら、あえて西武ゆうえんちに行く人もいつかもしれないですよね。

とはいえ、没入感は人工的に作られた遊園地でなくても、大自然の中や日本各地の歴史的建造物や保存地区などでも感じることができるかと。遊園地という存在、これからどうなっていくのが時代に合っているのでしょうか。(記事の中でユネスコパークがゆり園になったとあったのは興味深かったです。)
たまたま昨日の朝聞いていたpodcastでもゴジラvsコングの映画の成功について話されていました。公開から2週間で、385million dollars 以上の興行収入を得て、パンデミック期間中の劇場で見られた映画の中でno.1の記録を樹立したと。人気なんですねー、ゴジラってコンテンツ。

ホテルの必要性にはやや疑問符。
新宿から1時間以内の距離である時点で、外国人観光客は、その場に泊まるよりも、より東京中心部に近い場所のホテルを選ぶでしょう。よーっぽど、ディズニーのように熱狂的なファンが多く、シーも含めた全体の世界観に入り込みたい人や、1日では廻りきれない規模の遊園地の場合は、泊まるかもしれません。
コロナ前、新宿で迷える外国人には、仕事にも役立つので積極的に声を掛けて助けていましたが、日帰りで富士山に行きたい人の多い事、多い事。
外国人観光客は、時間に限りがあり、あれもしたい、これもしたい、あそこも行きたい、とアジェンダはいっぱいです。遊園地付近に引き留める事に固執しすぎず、「こんな楽に日帰りで楽しめまっせ」の方が、外国人観光客にはベターなマーケティングだと思います。

コロナ前には毎年定期的に免税カウンターにくる訪日客にアンケートを取っていましたが、舞浜のディズニーリゾートホテルに泊まっている、と答える人が毎回1%ぐらいいてびっくりしたのですが、それって、ディズニーファンだからホテルもディズニーにしたはいいけど、舞浜でやる事は尽きた、または都心部も楽しみたい・買い物はやっぱり都心部で、などという理由があるのでしょう。結局、中心地に出てくるわけです。
お客様の旅ナカの利便性を考えたら、電車で1時間もかかる場所には、よっぽどのメリットが無いとデメリットを超えられないでしょう。

ディズニーでさえ客層の6〜7割が関東圏であり、日帰り可能です。訪日客は1割弱。残りの2〜3割の客層のうち、そこまで熱狂的に遊園地横のホテルに泊まりたい!という客はどれだけいるのだろうか?せっかく遊園地で没頭した世界観も、ホテルがただ近い・遊園地が見える、レベルでは、世界観から冷めてしまうだろう。
株式会社西武ホールディングス(せいぶホールディングス、Seibu Holdings Inc.)は、西武鉄道やプリンスホテル、及び埼玉西武ライオンズ等を傘下に持つ、西武グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4,224 億円

業績