新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロシアが2014年のクリミア半島併合以降で最も多くの兵をウクライナ東部の国境付近に配備しているのだから、米国の欧州軍司令官が「ロシアが今後数週間にウクライナに侵攻するリスク」に言及するのは軍事分野の現場の責任者として当然。バイデン政権の軍事担当者が「中国が台湾に侵攻する可能性は以前よりも高い」と発言するときも、当然の仕事をしているだけ。あとはその地域の政治、経済の条件、大国間関係、当事者の二国間、多国間関係といった様々な要素が絡んで、リスクを判断することになる。