新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経済面では

>米国の金融機関は6月14日以降、発行市場においてルーブル建てロシア国債の取引が禁止される。

とのことですから、そこまでロシアに悪影響はないと考えられます。あくまで発行市場におけるルーブル建国債を引き受けている主要プレーヤーは、ロシアの銀行です。

象徴的な意味合いですが、このところバイデン政権は圧力一辺倒な感じが否めません。政権の外交チームのイデオロギー的な性格など、その辺りを分析する必要がありそうです。
米ロ関係は、敵対しながらもエスカレーションを管理するという形で展開していくのだろう。アメリカに対する介入や国際法違反は認めないという断固とした姿勢を示す一方、突き放すのではなく対話を通じて問題解決を図るという理念と現実のバランスをとる外交なのだろう。
バイデン氏、色々と強行に物事を動かしていますね…
どこかでトリガーを引いてしまわないことを願いたいです
米財務省は、昨年の大統領選への介入に絡み「32団体・個人を制裁対象に指定。さらに、2014年のウクライナ南部クリミア半島編入とその後の抑圧に関与した8団体・個人にも制裁を加えた」