新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
街には人が戻ってきているように見えるものの、全体的には消費者心理は冷え込んでしまっているようです。

消費者心理が改善するためには、自分自身の接種事実以上に、テレビ報道などの「全体的な雰囲気」が活動再開モードに切り替わることを要するでしょう。

夏に向けて高齢者向け接種のマイルストーンは着々と進捗しているので、あと1-2ヶ月で「雰囲気」はガラッと変わる可能性はあると思います。

オリンピックも散々叩かれてはいますが、そうなれば丁度よいきっかけになるようにも思います。
「個人消費で判断引き下げが目立つ一方で、生産や設備投資では判断を引き上げる地域が多かった。」 (@@。
生産や設備投資の引き上げは新型コロナ禍からの回復を急ぐ海外のおかげ、個人消費の引き下げは長引く国内の活動自粛の影響でしょう。欧米対比陽性者が圧倒的に少なく病床は逆に多いのに、新型コロナ用に病床が提供されぬがゆえ医療崩壊が繰り返し叫ばれ、ワクチン接種も圧倒的に遅れた我が国で起きた悲劇です。本来なら消費だって世界に先駆けて回復に向かうこともできたはずなのに・・・ (**;
個人消費は判断引き下げの一方、生産と設備投資は判断引き上げですから、まさにk字型回復ですね。
今後はワクチン接種が進む国とそうでない国のk字型回復に世界経済はなるでしょう。
もちろん日本は後者です。
消費者心理の冷え込みに関しては、マスクをしていることが色々な意味でネガティヴ要因になっていると感じるこの頃。
表情が控えめな日本人は、マスクをすると余計に無表情になります。街中、無表情な人が増えると、やはり暗いオーラが人に伝わります。
暗いオーラが蔓延すると、財布の紐がなかなか緩まないです。

困っている生産者などを応援しよう消費も、基本的に困っていると雰囲気がお願いモードになり、これ長くは続かないですね。
やはり、気の持ち様は大事だなとひしひしと感じます。

この意味では、センセーショナルに全てにネガティヴに煽るメディアも罪か重いのでは…最近ではニュースも見なくなりました。だんだんNPも読まなくなっているかもしれません。
ネガティヴセンセーショナルな雰囲気の景気への悪影響について、誰か数値化してくれることを期待します。