新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
持ち直しているとはいえ、大幅なデフレギャップ下での持ち直しであり、依然として水面下です。
とはいえ、金融政策も財政政策との協調無しでは能動的に感化環境作れませんので、悩ましいところですね。
米国のFRBも全く同じことを言っていますが、景気回復力をみると、彼我の差はあまりにも大きいです。財政支出規模の違い、消費好きな国民性・・・中央銀行がコントロールできない要因なので、日銀としてはただ景気情勢を見守るしかないと思います。
世界が新型コロナ禍による急落から回復する途上ですから、我が国も「基調としては持ち直している」のは当然ですしそうでなければ大変ですが、陽性者数も死者数も欧米対比圧倒的に少なく欧州対比でかなり思い切った財政支出もやった我が国の回復が「海外需要の回復や政府の経済対策」に下支えされて「緩やかなものにとどまる」というのは寂しいことで、国内に限れば持ち直しが続くかどうかさえ感染拡大の第4波で心配なところ無きにしもあらず。
先般の金融政策の見直しでマイナス金利深掘り等の余地を作ったとはいえ打ち手の乏しい日銀は、いつもの通り「『必要があればちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる』と強調」しつつ当面は成り行きを見守るしかなさそうに感じます。景気の回復基調が鮮明になってインフレ率が高まりをみせる米国でパウエルFRB議長がやんわり量的緩和の縮小を意識する発言をされたそうですが、我が国でそういうことが出来るのは一体いつの日になるものか・・・ 何をさて置いてもワクチン接種を進めることが、国内の需要を回復させて手詰まり気味の日銀を楽にするうえでも役立ちそう (^^;
ワクチンの見通し的にはまだきついとは思いますが