新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
企業にとってはESGの文脈も強いのだと思いますが、このような再販例が増えてくれば、近年伸びてきていたCtoCプラットフォームにも多少影響が出るかもしれませんね。
消費者側からすると、1度買ったものを手放すにあたって、返品でもCtoC出品でもそれなりの手間がかかる。買い手は、より安くきれいなものを買いたい。そうなると、特にナイキほどの有名ブランド品であれば、企業の再販を利用した方が売り手・買い手ともに楽ということがありえます。
返品シューズといい、コズミック ユニティ(25%以上リサイクル素材を使用)といい、ナイキは二酸化炭素の排出量をゼロに向けて、確実に実行してますね。

サステナ系シューズが当たり前化するといいです。
作って売る、から、使ってもらう、への転換への取り組みをNIKEのような大きな企業がやる、と決めた過程では、社内で相当モメたと思います。

ですが、そこをやる。素晴らしいです。
消費者にゴミを押し付ける、という考えは違うのか 
生産する靴の数が減らない限り
ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
27.7 兆円

業績