新着Pick

「男が休むなよ」はもう終わり?育休法改正へこれだけは知っておきたい5つのこと。

Business Insider Japan
取得率わずか7.48%、しかも1週間内の短期間の取得が7割という、男性育休が2021年を節目に変わろうとしています。そのきっかけとなりそうなのが、現在国会で審議されている育児・介護休業法の改正法案です。 男性の育児休業取得が進まない原因となっているのは、「男性は育休を取りづらい」など職場の風土の問題...
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の場合、制度を作り「決められた通りにしなくてはならない という圧力」を感じさせることにより、変革が起こるというケースが多い。 いろいろな働き方やそれぞれの家庭内のサポート状況によっては 全員がとる必要はないかもしれないが、 「考え方を変える」という意味では 義務化も有効。
育児・家事は女性の仕事という考え方を社会全体で壊すには 
思い切った施策が必要。
日本のジェンダーギャップ指数120位の根っこは、男性の育児・家事参画に欠いているからですね。逆の言い方をすれば、日本の男性の働き方が非効率であるということだと思います。

諸外国では十分な法律がなくても参画が進んでいる国もありますが、日本は今回の育休法改正が一つの鍵となることと期待します。

自身のライフワークバランスだけでなく、豊かな次世代のために是非、男性も休みたいとき、休むべきときに休みましょう!
会社としては、男性社員に対して「育休を取得したいか」個別に聞くべきだと思いますし、取得したい、または取得したからといって当然許可しないとか、評価を下げることがあってはいけないと思います。

女性だからという理由で正当な評価をされなかったり抜擢機会が男性より少ないことと同じように、男性だからという理由で育休が取りにくい雰囲気があることは変えていかなければいけないポイントです。


ただ個人的には、必ずしも育休取得が100%でなくてもいいのかなと思っていて、もしかしたら各家庭、各個人の判断で「育休は取得したくない」という人もいるのではないかと思います。(女性の育休からの復職率が100%を目指すことはいいことだけれども個別事情によって復帰できない、またはしたくない人もいることを考えると、数値目標に意味があるのではなく、復帰しやすい雰囲気づくりをすることに意味があるのと似ています。)
日本でのジェンダーギャップを埋めるためには、会社での男性の意識を変えていく事もとても大切です。この制度が、意識改革の一つのきっかけになってくれればと切に願います。
大いに進めるべきですが、このタイミングで育休取れという圧力になってしまうこと危惧します。

出産直後は母体回復にために安静が必要なので、男性育休でサポートすることは理にかなっています。しかし、両親のサポート得られるなど家庭によって事情は様々ですし、育児は出産直後だけではありません。離乳期やイヤイヤ期では親のイライラも募ることがあります。

大切なことは育休させて終わりではなく、性別に関わりなく育児と仕事が両立できる環境づくりです。
このような法案がないと休めない社会もどうかと思いますが、社会を変えるためには法の力も必要ということですね。

私たちの子どもや孫が大人になる頃は、より皆が生きやすい社会になることを期待してます!
共働きをして夫婦が仕事の比重を分散すれば、男が育児に関わることが必然になります。家計的にはリスク分散になり、人としての経験値の幅も拡がります。今の時代で「男が休むなよ」と言える会社はどこまで安泰なのでしょうか、、
一つひとつ 
積み重ねていくことが必要と思います。 まず取得することが普通になっている社会、文化に。
育休を2年間取得した私が通ります。

現時点で制度的にはかなり整備されていると思います。育休制度に関しては、女性と同じ条件で取得可能です。

やはり、問題は取得する本人と職場関係者のメンタル面でしょう。男が育休を取るなんてという雰囲気は何となく感じますよ。特に年配の社員や子育ての経験がない方(男女問わず、ホンネとタテマエあり)からは。

大手企業でも育休取得率100%を目指すと言っときながら、有給休暇に毛が生えた程度の期間しか取得してなかったり、、、
まだまだ時間は掛かると思います。