新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イモトという名前を使うだけで海外で使えるイメージがつくのでとても良いネーミングだと思います。ただ、こういう大胆なアイデア最初反対されるんでしょうね、ちゃんとやり切って結果で証明できてよかったです!
エクスコムグローバル社長・西村誠司氏の連載第6回です。
---
エクスコムグローバルという社名は知らなくても、海外用Wi‐Fiレンタルサービス「イモトのWiFi」や、新型コロナウイルスPCR検査の「にしたんクリニック」なら聞いたことがあるという人は多いかもしれない。同社を25年前に創業したのが、西村誠司社長だ。

コロナ禍で海外旅行客は消え、海外用Wi-Fiレンタル事業は売り上げ98%減。瀕死の状態に陥るも、西村社長は新事業に活路を見いだし、わずか1年足らずでV字回復。存亡の危機を乗り越えた。

優れたマーケティングと経営センスがあれば、どのような環境にあっても成功に導ける。それを体現しているのが、西村社長だ。その不屈の精神はいかに磨かれてきたのか。今につながる西村社長の軌跡をたどる。(全7回)

■第1回 売り上げ98%減。瀕死から1年でV字回復
■第2回 事業壊滅でも銀行から資金調達できた理由
■第3回 過酷な少年時代が今の私をつくった
■第4回 事業を始めるのに必要な「3つのスキル」
■第5回 「あったらいいな」が事業のネタになる
■第6回 サービス名「イモト」に全役員が反対
■第7回 「1勝19敗」やってみなければ分からない
「イモトのWiFi」という名前が出てきたときには驚きました。
イモトさんと資本関係があるようでもない。
認知がとれる一方で、タレントにスキャンダルでもあれば、それも全て引き受けてしまう。
全役員が反対というのもわかります。
でも、やりきった。

判断に「正解/不正解」があるわけではないということ。
反対の多い判断を「正解」にもっていったインパクトの大きさを見せてもらいました。
「反対されたけど、できた。」というお話の背景には、起案者の熱量があるのはもちろんのこと、周囲から起案者への信頼度が高いのだろうと思います。そしてこういう意思決定こそ、AIにはできない部分で人間の感性が活きる部分なんだろうと思います。反対されている時は、こういう先人たちと同じような武勇伝を作るチャンスと思うようにすればいいんですね、きっと。
最終的には、周りがどうと言う事でなく、何が企業存続にとって正しいかを決断し、リスクを取ることが出来るかどうかという事かな⁉︎
自分以外の役員が全て反対したような案件をどうやって通したのだろうか?その点の具体的な話も深堀りして聞いてみたい。
ネーミング大事。完全同意。覚えてもらうことが一番大事だから。
「イモト」って本当にイモトから来てたんだ!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。