新着Pick
511Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外から言うことではないかもしれませんが、企業再生って頭で数字の計算して、財務諸表がそうなったから「出来た」ってわけでもないと思うんですよね。
東芝が創業時から大切にしてきたこと、社員の誇り、夢みたいなものは、取り戻せたんでしょうか?
どういう結論に至るにせよ、そういう心の通った経営に向かっていくことを期待したいです。
内紛でしょう。
結局何だったのか、という問いの答えになぜこの言葉が出て来ないのか、どのメディアもテレビもなぜ一切その言葉を使わないのか、不思議でしょうがない。解任動議を出す、それを避けるため先回りして自ら辞する。それを世間では内紛と言う。
なぜ唐突に解任なのか、その道理は何か。コンフリクトや問題行為があったからと言うならそれを世間に、少なくとも株主に説明責任はないのか。

内紛とは経営上で起きる最低の行為です。それをやると会社が事業が大きく毀損し従業員が大きく萎むからです。事実ほとんどの会社はその後鳴かず飛ばす、だいたいは潰れて終わります。
よっていかなる理由があっても内紛は避けるべき、いや内紛じゃない適切な人事権の発動だというのなら正々堂々と説明するべき。
結局何だったのかこの記事でもよくわからず。

いろいろ記事を眺めてみると、おそらく基本的構図はこんなことだろう:前社長が、自ら関係の深いCVCからの買収提案を柔らかい段階で持ち出した。おそらく前社長は、半分は株主を整理して東芝の経営陣を事業にフォーカスさせること、半分は保身のため。これに対して指名委員会議長はDeal Makerをきどり時間稼ぎをする前社長に退場を迫った。

しかし謎なのは、指名員会が次の定時株主総会において誰を社長にすべきと考えていたのか。
またそれぞれのファンドはCVCの提示すると考えられる東芝株の買取価格が安いと思うなら、さっさとより高い価格を対抗して提示し他社から株を集めて思惑通りにがっぽり稼げば良いだけなのに、そこまでには至らなかったこと。
英ファンドの買収提案から一転して、車谷社長兼CEOの辞任になった東芝。記者会見で何が語られたのか、車谷前CEOの3年間の振り返り、今後の見通しをサクッと解説しました。

2015年の不正会計発覚以来、東芝は経営陣の思い通りにならない「苦しい選択」に追い込まれ続けています。東芝メディカルシステムズ(キャノンメディカルシステムズ)を売り、東芝メモリ(現キオクシア)の過半の株式を売り、売るときにはホンハイに売れば技術流出するからダメだ、という政府からのプレッシャーもかかって、どこに売るかですら、苦しみました。

情報整理すると、車谷氏が残した買収提案という置き土産はあまりに大きく。今回も経営陣の思い通りになるような選択肢はほとんどないように見えます。
東芝よりもキオクシアの時価総額のほうが高いことが、今の東芝の実態を表しています。東芝ブランドをもう一度輝かせてほしい。それができるパワーはあるはずです。
良心的に解釈すれば、車谷元社長は、元CVCキャピタルの日本法人代表取締役会長という利害関係者だったため、株主に対する透明性確保の観点から、買収検討のメンバーには入らなかった。しかし、それでも、利害関係があるという世間からの指摘を回避するために、取締役にとどまることも避けたいと考え、自ら辞任を選んだ。

ということになると思いますが、友好的買収の打診が、元社長の意思と関係のないところで起こっていることが建て前ですので、辞任まで決断することはおかしい・・・だとすれば、ここにどのような力が働いているのかという点に興味が尽きません。

また、元社長の辞任でも、同社の買収や同社への出資の可能性は引き続き存在しており、さらに友好的買収の打診を拒否した場合でも、敵対的TOBはありうるわけですので、このドラマは第一幕が終わったに過ぎないところと思います。
過去、東芝は何度も経営の危機が訪れては
第一生命から石坂泰三
石川・播磨重工業から土光敏夫という
外部の社長を引っ張って、経営再建を行ってきたが、流石に三度目はなく、、、大企業病と内紛に終始する名門東芝はもう潰れた方がいいのかもしれません
1分解説シリーズは、時間かけずにサクッと理解できるので重宝してましたが、東芝の件は結局肝心な点が分からずモヤモヤします。
後任も決めずに辞任したり、どうも内部統制がとれてない状態ですね。
CVC日本法人の元代表ということで、車谷さんには色々な憶測が飛んでいますが、そんな露骨な手を打つかなとも考えたり。。経済ニュースというよりもワイドショーに近い感覚です。
臭いものに蓋をした、と見えてしまいますね。

視点を変えて、中計のグラフが動的に変化する事に感動しました。まだまだ進化していく余地があることを示している姿勢に惚れますね。
前CEOのコメントも新CEOの言葉も本音じゃない気がする。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.06 兆円

業績