新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本を今日読み終わりました。トランプ政権がなぜ支持されたのかということと、オバマ大統領時代、そしてそれ以前の民主党政権時も含めて、米政治が学歴偏重に偏ってきたことの根本的な問題を指摘しています。マイケル・ヤングも以前読みましたが本当に予言的だったなと今思わせられます(絶版になっていて手に入りにくいので、これを機に出版社は再版してもらえないものか)。

実際に生み出している金額と本来の貢献的価値は異なる、ということはコロナ禍でのエッセンシャルワーカーや保育士を見ていればもちろん頭で理解はできるものの、機会の平等があればいいのではないか、十分にメリトクラシーではないことが問題なのではないか、という議論には私もしょっちゅう絡み取られそうにはなる。能力主義(功績主義)は、私たちがかなりの発想転換をしないといけないくらい社会にしみわたっていると改めて感じる。。。
やはり資産課税は重要だと思うのですが。
「政治家は機会の平等を提供し、社会階層間の移動性を高め、大学の学位を取ることが不平等の解決策だという。だが実際には、貧しい家庭の子供が階層上昇を果たすのは難しい」