新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
20年前、MIT MediaLabでIBM出身の発明おじさんTed Selkerが同様に視線で遊ぶゲームを開発していました。が、視線でカーソルを操作するのが難しいこと!手よりも目はよく動く。見合うソフトを作れるかですね。
人気 Picker
入力としても面白いですが,それ以上に面白いのがFoveated Renderingです.
https://www.moguravr.com/terms/index-h/terms-47447/

人は視点の中心とその周辺部とで,見えている情報量が異なるので,見ている中心さえ把握できれば,その外側の描画はサボれてしまうのです.それによりレンダリングに要する処理時間を減らすことができますし,FPSなんかでは,周辺視野で何かが動く,というような演出もできるかもしれません.
ゲーム市場は、これから新技術の見本市、実験場になっていくだろう。そして、ゲーム市場こそが、高齢化社会の課題である「退屈と暇と健康」への強力な解決策になり得る。
すばらしいデバイスです。これはゲーム以外の分野の方がアプリケーションが広がりそうです。

コストが安いところも、とても魅力的です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません