新着Pick
1293Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
最近話題になるEVを、あくまで動力源の一つとして言い切り、お客さんの選択肢が広がる一つの特徴として説明しています。

タイヤやブレーキや室内環境など、EVであることは車を作るのに必要なたくさんの技術のうちの一つです。
マーケティングツールを求める顧客が、「AI」「ビッグデータ」とパッケージに書いてあるから購入するというシンプルな話でないのと同様、お客さんが必要だと思い実用的だと感じているから選んでもらえます。
車だと加えて安全性は欠かせませんから、トヨタさんのこだわりを小出しにしている点も興味深いです。
人気 Picker
EVが普及しない要因としてよく言われていたスタンド問題。これが地域によっては、もはやEVの方が便利という状況もありうるということですね。人間は便利を感じてしまうと、それ以前には戻れないもの。

>ガソリンスタンドが激減して、隣の県に行かないと給油できない。

ことEVでは出遅れたと評されがちですが、実用に耐えうる商品としては最高品質のものを最速で出す、という強い意思も感じられました。

>実際にSUVのムーブメントが起きた時に、全力で開発した。

品質と価格はモノ作りにおいてバランスが難しいところ。安かろう悪かろうと割り切るのではなく、それがなぜなのか冷静に分析することが重要との視点です。現状は新興EVメーカーとトヨタでは生産規模の違いがありすぎますが、今の間にこれらの分析をしっかりやりきることで、いずれ内燃機関を大きく脱する時代が来ても戦う力を得られるはずですね。

>「どうしてこの性能がこの値段で実現できるのか」という分析の中に、我々がまだたどり着いていないものがあるのかもしれない。
特集の取材の中で、最も面白いインタビューでした。EVを語る時、新規参入組と既存メーカーで意見が異なるのが「EV開発の難易度」です。

新規参入組は「そう難しくはない」と主張し、既存メーカーは「甘くない」と答えます。このギャップは、なぜ生まれるのか。どこが甘くないのか。トヨタのCTOにじっくり語ってもらいました。

ものづくりの基盤はトヨタの強みでもある一方、時に、それを支える巨大なサプライチェーンピラミッドは、変化への足かせにもなります。

ハード技術という資産を戦国時代にどういかすのか。トヨタの今後の歩みを、多くの日本企業の未来と重ねて眺めると、より興味が湧いてきます。
個人的に最も興味を持ち、待っていたインタビューである。トヨタの中でHEV信者の猛者群を制御し、BEV基盤を粛々と構築していった寺師さんの後を継ぐCTOである前田さんだからこそ。
「実用性、安全性、顧客の求めるもの、未来はまだ見えない、追いつける、中国」というキーワードが目にはいってきた。この回答のトーン自体はいつものトヨタである。前田さんで何が変わるのか、正直、解らなかった。

解説的なポイントを3点。
1.「何もしないのも戦略の一つ」
2011年震災後の六重苦で苦境に立った自国内自動車産業が空洞化の波のに襲われた。これは海外生産移管を次々と決定していく他社に対し、国内生産防衛を旗印に立てたトヨタ自動車の某幹部が私に発した言葉だ。海外生産移管を実現できる能力は有していても、その判断は最後までカードを残し、防衛に全力を尽くす。結果、2012年にはレジームチェンジ、アベノミクスで国内残留組が勝ち組へ。
2.欧米OEMはデジュール戦略、トヨタはディファクト戦略
巨大な自国市場、国家政治力を基に規制やルールを定め、その戦略を推進するのが欧米OEMのデジュール戦略。力のない政治とガラパゴスの自国市場しか持たないとトヨタは世界のユーザーが求める良品廉価でシェアを取るディファクト戦略。常に顧客の求めるものを需要プル型で最もDRQ​(品質・信頼性・耐久性)高く提供するのがトヨタ。政治や謀略には騙されるが、ユーザーは騙さない。
3.BEVのキャズムの溝は深い?
BEVにアーリーアダプターの波は確実に来ているし、高級車やコミューターの普及は早そうだ。しかしアーリーマジョリティのBEV購買意欲はそれ程来ていない印象だ。BEVキャズムに対し、早晩、この現実を見ることになるのではないか。実際、中国NEV戦略には実証結果も出ている(供給は拡大できても需要が遅延する)。すなわち、トヨタにはまだ時間が残されているということだろう。

欧米国家戦略が明白化し、たんまり補助金をもらいながらその推進役を果たす欧米OEMの戦略に世界の「欧米人」が拍手喝采している。そこに迎合せよと自虐的国内メディアやポピュリズム政治家が騒ぐ。浅はかな判断ではこの勝負は勝てない。
国内OEMの考えも表面化できるだろう。Hondaは4月23日の新社長就任会見、トヨタは菅政権の骨太の方針が定まる6月以降ではないか。
とても貴重なインタビューでトヨタのEVに対するスタンスがとても良く伝わって来ました。一方で未来の自動車業界を決める技術はEV自体ではなくソフトウェアであり自動運転だと思うのでそちらの話を個人的には聞きたかった。例えばTeslaが現在1000台でテスト中の完全自動運転、サンフランシスコからロスに(ほぼ)一切人間が介さず運転する様子がYouTubeにも多くアップされており感動ものなのですが、この技術は年内にソフトウェアがアップデートされて一般のユーザーにも適用される予定との事。いちユーザーの視点からは既に大きな差がここに付いているように感じてしまうので、トヨタの現在地と考え方について、とても興味があります。

https://youtu.be/dQG2IynmRf8
王者の風格が漂うトヨタの主張。特にその時代が到来が来たら追いつくと言い切るあたりはなかなか他社は真似できないと思う。気になったのはEVと一緒に自動運転が一切語られていない点。もちろんハードウェアに関しては一日の長があるトヨタ。未だに故障しにくく、燃費も良いという印象は世界中で浸透。ただEVが主流となるタイミングで自動運転の機能追加が重宝されるようになったらどうするのだろうか。人間が乗った段階で完全に自動運転という状態がすぐ訪れる気はしないものの、自分の立っている位置まで迎えに来てくれたり、駐車の操作性が必要なくなったり、長距離移動の自動運転専用レーンが出来たり広がりは無限大。

100年先を見据えるトヨタなどでこの点もしっかりと検証し、準備しているのかもしれない。むしろそういった企業秘密が増えたので今回ここまで語ったのではという推測までしてしまう。最後まで戦うから勝者になれるというスタンスがあるから長らく日本を代表する企業であり続けているのかもしれない。
プラクティカル、サステイナブルという言葉、そして危機感が印象的。

お客様にプラクティカルで、事業としてサステイナブルか。それが根幹で、時代とともに変化するその強弱ででどこまで取り組むかが変わる。ガソリンスタンドが減ってEVの方がプラクティカルになっているケースや、2台目需要が中心というのは興味深い。
そして補助金で実質的な値段を下げて現状としては事業がサステナブルじゃないというのは本当にその通り。一方で事業として成立するための政策支援として補助金はあり、グローバルに2030年前後で内燃をやめていく方針を各国打ち出すなかで、その時間軸で経済性を成立させられるのか、成立させられるメーカーはどこなのかがキー。自動車では過去のマスキー法、またソーラーや風力発電のFITによる促進・コストダウン競争と相似形。

個人的に聞いてほしかった点は、将来の駆動源について、トヨタのメインシナリオが変化したのか。
トヨタは、原理原則に従って長期戦略や技術開発をしていると捉えていて、HV→FCVというのが過去30年くらいのメインシナリオだったように見える。というのはEVは充電時間もかかるし、バッテリーのリサイクルや、電源構成の影響もCO2排出に影響が大きい。こういう原理原則に基づいて、欧州がディーゼルで盛り上がっているときにも、HVを愚直に極めていた。
一方、政治的な動き含め、EVはここ5~10年で急加速した。それがトヨタにも一定影響は及ぼしているし、EVの進化自体も加速した。でも物理原則など含めて原理原則から考えて、メインシナリオが変化しているのか。
全方位でやる一方で、EVについては、本記事や出しているモデルから、まだ本気にはなっていない印象を自分は持っている。

コンマ何ミリの話は、昨日もコメントした自動車が可動物であるという点に多くつながる。それは記事の音の話だけでなく、安全や耐久性にも影響する。
これは公差マネジメントも影響してくる領域。興味がある方は下記なども併せて。組み合わせて駆動する車載は、ppm(100万分の1)ではなくppb(10億分の1)が求められる世界。
https://newspicks.com/news/1284601
https://newspicks.com/news/1283166
https://newspicks.com/news/1639761
一番『なるほど』と思ったのはこのくだり、

「ウチでは、他社の軽のEVが一番よく売れます。ガソリンスタンドが激減して、隣の県に行かないと給油できない。だから、EVの方が充電が楽で日常使いに便利なんです」

確かにこれからの時代、ガソリンスタンドは減ることはあっても増えることはない。そうすると、別に遠出しないユーザーにとっては電気の方が楽なんだ、という都会にいると感じることのできない視点でした。大変勉強になりました。
冷静に様々なシナリオに対して準備をされているなと感じました。「お客様は多くの場合、実用性で車を選ぶもの」ここは本当にその通りだと思います。様々なものが見えている、経験しているからこそのコメントです。

「もしEVが一気に来たとしたら、全力でキャッチアップしに行くしかないでしょう」このインタビューの核心だと思います。この見極めが経営そのもの。間違うと大変なことになります。本当に一気にいかないといけない…

スティーブジョブスは文字通り電話を「Reinvent(再発明)」しましたが、車がそういった対象となるのか。アップルにしてもテスラにしても既にカネという最大の武器を持っています。一気にいくときに1番重要なリソースは残念ながらカネな気がします。
車にもっとも重要な価値は安全性です。
安全は妥協できない価値です。
始まったばかりのEV車も、30年、40年かけて
検証が必要なところです。

しかし、EV車は来ています。
テスラは既に100万台以上を販売しており、
規模の経済が必要で、しのぎを削る
原価低減が行われる自動車産業の中で
EV車販売だけで黒字を達成しました。
EV車が収益性もあることを証明したわけです。
テスラはさらに増産を目指しており、
世界各国の自動車メーカーも
次々とEV車モデルを発表しています。

ガラケーからスマホに切り替わる時との
違いは素材の調達です。
小型のスマホとは異なり、大型の電池が
必要となり、リチウムやニッケル、コバルトなど、
希少メタルの調達が必要となっています。
ガソリンを置き換えるには、その分の
バッテリーの製造が必要ですが、
現在、素材の調達が追い付いてません。
しかし、希少メタルの鉱山が次々と見つかっており、
リン酸、鉄などといった比較的調達しやすい素材での
バッテリー開発も進んでいます。

EV車の目的は脱炭素だけではありません。
車体験の再定義です。
自動運転などを動かすコンピューターを積む
ための消費電力、OTA制御、データ取得では
電気の方が相性がいいです。
自動運転という強力なソフトウェア体験、
OTAによって性能がアップグレードしていく体験、
データによるカスタマイズ体験はEV車の強みです。
また、EV車の動力を利用すると、ディスプレイや、
スピーカー、ヘアドライヤー、電子レンジなど、
家電が使用できるようになります。
車向けの家電市場が生まれたら、EV車の
エコシステムはより強力なものになっていきます。

AppleがEV車産業に興味を持つのは
EV車が持つポテンシャルがiphoneの使用時間を
減らす脅威であると認識したからだと思います。
走るスマホになっていくEV車に遅れたら
Appleのエコシステムまで飲み込まれる恐れも
あります。

未来はEV車に向けて動いていると思います。
現在EV車の市場では日本製はあまりみかけません。
日本のメーカーもEV車競争で存在感を出してほしいと思っています。
まだ時間はあります。
グローバルスマホ市場で日本製がいなくなったようなことが、EV車市場でも繰り返し起こらないことを願っています。
この連載について
ついにあのアップルが、自動車業界にやってきた。EVと自動運転を武器に、アップルカーは自動車業界を破壊し、新たな王者に君臨するのか。それとも、トヨタを中心とする既存メーカーが地位を守るのか。アップルとトヨタを中心に、未来の自動車ビジネスを読み解いていく。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
33.1 兆円

業績

業績

百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア

業績

Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
268 兆円

業績