新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自治体によって違うので、23区で補助がある場合はさらに上乗せになりそうですね。

10万円は一層のこと現金で支給するか、産婦人科での出産費用がさらに10万円安くなるみたいな形でもいいのかなと思います。

わざわざ10万円相当のものを選ぶ以外の選択肢もあると良いですね。
現金支給をすると親が自分たちのために使ってしまう恐れがあります。

育児用品支給は、それを防ぐための苦肉の策なのでしょう。

種類がたくさん用意されているので、子育て世代には大いに役立つのではないでしょうか?
この10万円分の育児用品の支援が、妊娠、出産を促すことに直結するとは言い難いと思いますが、出産をした家庭への後押しとしては、非常にありがたい支援ですね。子どもは未来への希望です。
これは良い。現金支給は子供のためにならない可能性があるので。商品を選ぶというのがコストがかかって無駄が多そうだが、そういうところは是正しながらやれば良いと思う。
大きな一歩ではないでしょうか。社会保障先進国を学びの場として次の世代の方々の為に是非活用と幸せな家族がたくさん生まれますように。
素敵な取り組みだと思います。今年に限らず、毎年やってほしいです。そして、赤ちゃんとその家族には出来るだけ安心できる環境で過ごしてほしいです。
現金給付で良い気がする。用途は別に絞らずとも子育て世帯は長い目で見て子供への費用負担が増える。そこのケアが重要かと。
具体的には「ミルクや離乳食、おむつのほか、ベビーシッターや家事代行サービス、タクシーでの移動の際に利用できるチケットなど、およそ700種類が用意されている」のだそう。10万円分となると大きいですし、自分で700種類から選べるでのあればとても助かりそう。コロナ禍で出産する人が減っているというデータも出ている中、手厚いサービスですね。
これは素晴らしい
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア