新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「世界一」はいつか塗り替えられるものだけど、

「世界初」は未来永劫世界初。

ガガーリンの人類初宇宙飛行から60年目の4月12日。その1日前に、新たな「初」が生まれます。

火星ヘリコプター・インジェニュイティによる、地球外で初の動力飛行。

きっとガガーリンも、インジェニュイティも、永遠に歴史に記憶されることになるでしょう。
このとき,アメリカは有人ロケットの打ち上げも行っておらず,1ヶ月後の5月にアラン・シェパードによる初めて弾道飛行に成功した.ジョン・グレンが周回飛行に成功したのは翌年の2月.そして,5月のケネディ大統領演説.
We choose to go to the Moon in this decade and do the other things, not because they are easy, but because they are hard.
に繋がり,1969年7月のアポロ11号月面着陸に至るわけですが,もしガガーリンの飛行があと1年遅かったらどうなるか.アメリカの有人飛行の方が早かったかもしれない.あるいは,ソ連の方が早かったとしても,60年代中(in this decade)に月着陸という切りの良い実現可能な目標が立てられなかったために,月への競争はもっとマイルドに行われたかもしれない.そもそも月着陸などという宇宙計画はなかったかもしれない.
ガガーリンに関する情報は少ない.「ガガーリン - 世界初の宇宙飛行士、伝説の裏側で」 https://amzn.to/3wREp1w がおすすめ.
1961年はロシアの宇宙科学者ツィオルコフスキーのロケット方程式の導出からも約60年後。