新着Pick

米目標、30年に50%削減か 温室効果ガスで報道

共同通信
米目標、30年に50%削減か 【ワシントン共同】バイデン米政権が地球温暖化対策のための温室効果ガスの排出削減目標を、2030年まで...
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
22日の気候サミットを控え、各国で関連する動きが加速してきました。日本も昨年の今頃は考えられなかったような削減目標の大幅引き上げが検討されており、気候外交では「バイデン効果」が表れてきました。https://mainichi.jp/articles/20210409/k00/00m/040/009000c
アメリカの場合、削減目標は共和党政権になると白紙撤回される可能性が高いので、それよりも撤廃しにくいグリーンインフラへの投資などを積極的に進めた方が長期的には有効な政策になると思います。
新しいゲームのルールをだれが作るのか。そんな動きが加速しています。先日、民間の立場で企業の気候変動への取り組みを後押ししている専門家の方にインタビューした際、「気候変動対策は経済戦争なんです」とおっしゃっていた言葉が印象に残りました。
この数値目標は次の首脳会談の主要テーマになるだろうが、数字を言えばよいというだけでなく、具体的な取り組みと計画も持って行かないと信用されないので、担当者は相当頭を痛めているのではないだろうか。
バイデン 政権は、4月22~23日の気候変動に関する首脳会合までに新目標を出すとしていますが、
地球温暖化対策のための温室効果ガスの排出削減目標を、2030年までに05年比50%減で検討しているとBloombergが報じているそうです