新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先刻の金利上昇に対する挑発的な発言が良い例ですが、最近、ラガルド総裁はヤケに強気です。強い指導者を演じているとも、実際に自信があるとも言えます。

確かに統計上、我が国よりもはるかに、ワクチン接種は進んでいます。あのワクチン嫌いと言われるフランスより、我が国はワクチン接種が進んでいない、というより、始まってすらいない。

我が国は自粛でかなり医療需要を抑え込んだわけですが、この間にワクチンに関しては、まるでダメでした。行動制限とワクチンが両刀であるにもかかわらず、また医療先進国を自称したにもかかわらず。

ワクチン接種率が高い経済ほど、景気回復期待から通貨が買われていると言う話もあります。

こうした点について、素直に問われるべきではと思います。東京は間もなく、蔓延防止措置に入ります。
ラガルド氏は、「パンデミックによる下振れリスクは短期的には残っている」、「ECBが昨年開始した緊急プログラムの18億5000万ユーロは、必ずしも全額が使用されるわけではない」等々と述べていた。
とはいえ、過剰貯蓄に伴う中立金利マイナス突入で日本化してしまうリスクはユーロ圏が依然として一番高いと思います。
英国を除いてまだワクチンの摂取率はフランスを中心に低いのと、感染者数の増加もあり引き続き厳しい局面を迎えていると個人的に思います。どうしても金利上昇と増税のシナリオは避けられないのと、保護主義がやや著しい気が、個人的に思います。
ロックダウンが解除されれば回復すると長期目線では楽観的な見方をしているようです。
想定より長引くなど、コロナの状況によってまた変わってきそうではあります。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン