新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
話が原発になると脊髄反射的に「反対!!!」という人が多く、なかなか化学的な根拠による議論ができないのですが、さすがに海洋放出は致し方ないでしょう。
どうするのかを決めなければいけない時期はもう過ぎています。
産経新聞によると、『保管タンクの貯蔵量は約1年半後に限界に達する。処分開始には準備工事を含め、2年程度を要し、首相がいう「適切な時期」は過ぎている。すでに仮設タンクの増設は避けられないという。』
また『海洋放出も、この問題に批判的な韓国をはじめ、海外の原発で行われている。フランスのラ・アーグ再処理工場は福島第1原発で貯蔵する約15倍の量のトリチウムを1年に海洋放出している。』https://www.sankei.com/politics/news/210407/plt2104070024-n1.html?utm_source=newsletter&utm_medium=20210407&utm_campaign=20210407&utm_content=news
それでも反対する野党やメディアは、ではどうすればいいかの代案も同時に示すべきです。なんでも「やだ!やだ!」と反対するのでは幼児と同じです。
人気 Picker
この問題を、視覚的に理解するとすれば、汚染水を溜め込むタンクの数を、上空から撮影した映像・画像から見るとわかりやすいと思います。無条件での海洋放出という立場には立ちませんが、永遠にタンクを増やし維持し続けることも困難です。放出にあたり改めて丁寧な説明が求められます。

脱炭素に向けた政府方針がありますが、実現のためには、現状、原発から生み出す電力に頼る部分は少なくありません。柏崎刈羽の当面の使用禁止の方針、そして事故後の廃炉処理や汚染水問題… 合わせ説明すべき課題は山積です。
福島大教授(農業経済学)の小山良太氏の指摘が的確です。それをもとにコメントします。
風評被害の最も根源的な問題は、汚染水と汚染処理水、処理水の違いが、多くの国民に理解されていないことです。しかし、理解しない国民は頭が悪い、と言うことはできません。国民は消費者でもあり、その皮膚感覚が福島の漁業の生死を分けます。プロセスを開示して、懸命の説得をどれほどしたかが問われます。それは国民に必ず届くはずです。
そへなのに新型コロナもあって、汚染処理水の話はあまり注目されませんでした。小山教授は、政府は地元の関係団体などから意見を聞く会を7回開いたものの「対話という形にならず国民的議論に結びつかなかった」と指摘しています。いきなり処分方法が決まったという印象を持たれるのは、危機管理として最悪です。

それとなぜこの時期なのか。私は衆院選前の決断はないと思っていました。自民党内からはこの判断への疑問が強く出ています。私はもうひと手間かけるべきだったと思います。

https://mainichi.jp/articles/20210408/ddm/003/040/069000c
以前の同様記事のコメントに加筆。大事なのは何か?もう少し考えて欲しいと思います。
➡処理水ばかりが騒がれていますが、問題の本丸は核燃料デブリ。10年経っても未だにどこにあるのか?場所さえ完全には特定されず、取り出す方法も未だに暗中模索状態でロボット開発もまだスタート地点にも立てていません。1番の問題は取り出した核燃料デブリの保管方法と場所。このへんはまだ曖昧なままなはずです。
最終処分場のことでさえ、いまだに福島県外という曖昧な結論なままで、結局すべて曖昧に先送りしてばかりです。
あと、処理水について。細野豪志議員がよくこの件についてTwitterなどで主張してます。確かにトリチウムのみのいわゆるトリチウム水は世界中の原発で放出しているのに、なぜ福一はダメなのか?というのは事実としては正しいと思います。
では、なぜここまで頑強に地元漁業関係者は海洋放出に反対するのか?
あまり大っぴらには言われてませんが、いまだに約7割のタンクにはトリチウム
以外の放射性物質が含まれています。(海洋放出前にはきちんと処理してトリチウム水にしてから流すとしてますが)
2018年にトリチウム以外の放射性物質が残っていたタンクがあったことが発覚しました。それはきちんと発表されずホームページに掲載だけされていたのを後で指摘されるという不信感を煽る形で。これが肝です➡https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13709611.html
不信感。確かに風評被害が1番心配だとは思いますが、過去にやっていることをまたやるのではないのか?トリチウムしか含まれていないといいながら、実は事実は異なるのではないのか?
いくら世界標準はとか、トリチウム水は安全だからとか主張してもこの不信感をないがしろにしていて、最大限不信感を取り除く努力もしないで、逆に漁業関係者を悪者にするような感じにしていては、ダメなんじゃないのかと、正直思います。
あいかわらず、もうタンク容量が逼迫しているから、という論理で押し通そうとしています。
漁業者目線にたって、きちんと不信感を払拭すべく向き合うべきだと思いますが。
世界中の原発からトリチウム水は放出されているのになぜ福一はダメなんだ?という近視眼的目線でこの問題を見ていたら、頑なに海洋放出を拒否している漁業者の気持ちはまずわからないと思いますよ
稼働中の原発から普通に出ている程度の濃度に薄めることが出来るトリチウムでありながら、近隣の某国が為すであろう非難を含め一にかかって漁業者への風評被害がネックで進まなかったと聞き及ぶこの問題、補償問題やら近隣某国への対応やらを含め政治リスクを取りつつスムーズに進めることが出来たなら、相当な指導力と評価して良いんじゃないのかな・・・ (^.^)/~~~フレ!
科学的な見解や、風評被害に対しての経済損失など、何の情報も公開にせず進めるのは国民に対して誠意が無さすぎる。今やいろんな情報が手に入るので、国民は欺けないと思った方が良い。決定プロセスと思考をオープンにして同意を求める形の方が理解は得やすいはずなのに。