新着Pick

女性地方議員の6割がハラスメント被害 | 共同通信

共同通信
女性地方議員の6割がハラスメント被害
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジェンダーギャップ指数で一番足を引っ張っているのが政治参加の女性比率。その要因の一つとしてハラスメントがあります。今回内閣府男女共同参画局で「令和2年度 女性の政治参画への障壁等に関する調査研究(令和3年3月」が発表され、その調査結果に基づく記事ですね。
NHKが3万人にアンケートをとった「地方議会は必要か」という本「地方議員は必要か 3万2千人の大アンケート (文春新書)」があるのですが、その中でも女性議員へのアンケートがあり、有権者からだけでなく議会内でのものがひどい。それもヤジや言葉のハラスメントだけでなく「胸を触られる」など、本当にひどいセクハラが横行していました。

野田聖子議員がは2016年の「財務省セクハラ事件」の時に親身に対策をしてくれたのですが、自身もひどいセクハラにあった経験をメディアであかされていた。

いずれにしても「みんな」のことを決める場所なのですから、男性議員にへだたるのは意思決定の質を低くします。私は政治分野にはクオータを入れないと、これ以上は難しいと思っています。

https://www.gender.go.jp/research/kenkyu/pdf/barrierr_r02.pdf
ほんとここから。ジェンダー平等とかお題目だけを今さら掲げるのは時代遅れなんです。社会から何周も遅れていることを理解頂きたい、特に地方。
男性の数値も載せてるあたりはまだ良心的