新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
限られた分野で限られた学生がより求められているのが顕著な状況なようです。
データ元の就職未来研究所のコメントによると
-情報通信業や機械器具製造業では前年度よりも内定率が高くなっている
-内定を取得している学生については内定取得企業数、保有企業数を見ると前年と比べて増加している
とありました。

大学や大学院を選ぶ時点においては、このような急激な社会変化が予想出来なかっただけに、今必要とされる分野の専門性やポテンシャルがない学生は単純にアンラッキーだったとしか言えないのではないかと感じています。
2022年卒業予定の大学生の今月1日時点の就職内定率は28.1%だそう。

これまでの就職内定率はこちらでご覧頂けます。
https://shushokumirai.recruit.co.jp/research/
「リクナビ」の調査。2022年卒業予定の大学生の今月1日時点の就職内定率は28.1%だったそうです。
そうはいっても、現時点ですでに内定率が28%を超えている、という見方もあると思う。

環境の変化により、既存の手法では学生も情報を得にくくなっていることは確か。
企業もどのように学生に情報を届けるか、コミュニケーションの取り方を変える時期に来ているのでは。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
11.8 兆円

業績