新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
発想は理解できますが、”こども”で括ると逆に縦割りの弊害が大きくなりかねません。
例えば、自殺対策全般は厚労省だが、子どもに関する部分だけこども庁が所管するような歪な構造になってしまいます。
また、こどもに関する問題と教育行政は密接不可分ですから、文科省とこども庁が一体的な組織でないとあまり意味を成しません。それはかなりハードルが高い事で実現味を感じません。
人気 Picker
関心なかったのですが、山田議員・自見議員が中心というので、ただのポーズじゃないなと思い始めました。デジタル庁がデジタル全般ではなく行政IT化をコアとするように、こどものどの行政をコアとするかがポイントかと。
箱だけ作っても人とお金がそろわなければ何もできない。関わる領域も広いので、担当を分けるとどうしても縦の組織はできてしまいます。
「一元化」、「連携」など、耳障りのいい言葉が並びますが、それを実践するのは箱の問題ではなく、それぞれの関係性をどのように構築させるのかという問題なので、リーダーや中の人の意識の問題です。
にわかに話題の「こども庁」。議論を主導してきた山田太郎参院議員に山下剛記者がインタビューをしました。取材後記の「「縦割り行政の打破」は、言うはやすし行うは難しだ」は、政治取材の経験が長い山下記者の実感がこもっている気がします。
子供庁に限らず、スポーツ庁、観光庁、デジタル庁等、組織ができればそれで政策が進んでいると思う選挙民がいる限り有効なのでしょう。私が役所にはいった時代は、スクラップアンドビルドの原則が厳しく、いらなくなった組織をつぶすことが前提でしたから、これからもそれを併用するのであれば、賛成です。