新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
踏み込んだ発言です。モスクワ五輪の時と状況が違いますが、日米同盟の観点から日本にどこまで影響が及ぶか。来週末の総理訪米、日米首脳会談では中国、尖閣問題が議題にあがると思われ、北京五輪まで言及あるか、注目です。

スポーツに政治は持ち込まないで欲しいです。

昨年末、BSにて「モスクワ五輪」の時の、日本不参加を協議したJOC会議検証ドキュメンタリーをみました。各競技団体が集う組織の方向性は、当初は もちろん「参加」の強い意思。それが、当時の政治権力の中枢にいた議員の“一声”で一変してしまった話でした。レスリング高田選手の涙、柔道山下選手の怒り…そしてこの時出場していたら金メダルだったと言われた、マラソン瀬古選手。個人的見解ですが、アスリートに二度とこういう思いをさせて欲しくない、このドキュメンタリーを見て改めてそう思いました。
先に北朝鮮が東京五輪参戦をしないと決定したのに続いて、アメリカの北京五輪に対する不参加をにおわせる発言。肥大化した五輪が、政争の具と化していることが残念です。

コロナによってビジネスモデルの変換を促す絶好の機会ととらえて、IOCは動くべきだと思います。開催に伴い必要な要件を再度精査して、自己財源で実施できる規模を策定し、開催国はじめ他国からの政治的な干渉を受けない仕組みに変ええることができれば、アスリートにとって望ましい形になるのではと思います。いつの時代も、割り食うのは選手です。
オリンピックに政治は持ち込まないという大義名分は、今や昔。
これも色々な要素を含んだ交渉の一つだと思います。個人的には、中国の政治経済の手法は、納得出来ませんので、ボイコット大賛成ですね。
好き放題やらせていては、世界、特にアジアの安定を脅かしていますので。
北京冬季五輪への不参加を選択肢にする前に、東京五輪への参加はどうするのか?

爆発した原発による放射能汚染は解決しておらず、「アンダーコントロール」は、放射能拡散を制御できているということではなく、単に報告を受けているということでしかない。

さらに、猛暑リスクがあるところへ、コロナ感染も拡大中だ。
定義を変えたり統計処理方法を変えるなど、感染者数の操作が噂される。スポーツよりもススポンサーや利権が優先される。

選手の安全・健康を考えるならば、東京五輪への不参加も当然の選択肢だろう?
東京五輪の前にこのような話題は困りますね。対抗して中国が何か言うかもしれません。
1980年のモスクワオリンピックのボイコットの後、1984年のロサンゼルスオリンピックでは東側諸国が報復としてボイコットしています。
ただでさえ開催が難しいのに中国にボイコットの口実を与えるようなものです。
ん〜。
何というか、そもそも2021年において国がオリンピックの参加可否を決めるのは時代遅れだと思う。そこは個人の自由で良いのではないのかな?
オスマントルコ帝政のアルメニア人、ナチス下のユダヤ人、コソボ、ルワンダ、そしてウイグル。歴史は繰り返され、背後には必ず政治的な思想や経済的な側面がつきまとう。ただ同時に事実や様々な思想や起因となる要因を知る事も、元ヒストリアンとしては史実を掘り下げたいです。いかなる理由を持ってもスポーツに政治を持ち込み日々鍛錬しているアスリートの努力を妨げる事はそろそろ無くして頂きたいですね。
安全保障理事会の常任理事国の仕組みが元凶では。この制度で世界を回す限りは中国のスタンスは変わらないだろうし、他国も影響力を及ぼせない。結果、オリンピックの参加不参加で訴えかけるという、弱いアピールに終始するんじゃないか?
選手個人が自主的にボイコットするのであれば理解できるのですが、国がボイコットを決めるのはアスリートの人権侵害にはならないですか?
「沈黙は賛同」

「手足に鎖の生徒」と「集団レイプ」、女性たちが証言する中国の収容施設の内側
https://www.cnn.co.jp/world/35166769.html

カナダ下院 中国のウイグル弾圧は「ジェノサイド」 動議採択
https://www.sankei.com/world/news/210223/wor2102230025-n1.html

中国のウイグル族弾圧は「ジェノサイド」 オランダ下院が非難決議
https://www.sankei.com/world/news/210227/wor2102270009-n1.html

新疆弾圧で親と引き離される子どもたち
https://www.cnn.co.jp/world/35168121.html

中国・新疆ウイグルで不妊手術急増
https://www.sankei.com/world/news/210329/wor2103290013-n1.html

ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言
https://www.sankei.com/world/news/210402/wor2104020016-n1.html