新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
16歳以上に対象が広まり、私のカリフォルニアの友人も接種済みの人が増えました。アメリカのワクチン接種が早く進めば輸出が解禁になるタイミングも早まるので、日本を含めた各国にも大きな恩恵があると思います。
一つには、カリフォルニアの状況が実際にかなり改善したことがあります。東京都とほぼ同じ人口のロサンゼルス郡は、一時は1日あたり新規感染者が2万人を超える日もありました。ここ数週間はコンスタントに1000人を下回り、今日も406人と、東京とほぼ変わりません。ワクチン接種も順調に進んでおり、州の人口の34%がすでに1回以上の接種を済ませました。

ただもう一つにはニューソム知事に対するリコール運動の影響もあるかもしれません。すでにリコール選挙を請求するための十分な数の署名が集まっていると聞きます。その前に、希望の持てるニュースを出す必要があるのでしょう。
いよいよ具体的な日付が。ワクチンの接種も猛烈な勢いで進んでるので、後二ヶ月、実現性のある日程だと思います。

「その上で、感染件数が低水準にとどまり、ワクチンが十分に確保されれば、経済活動の完全な再開が許可されると表明。ただ、マスク着用を引き続き要請すると同時に、ワクチン接種を呼び掛け続けるとした。」
米国の輸入港として最も大きいのはカリフォルニア州にあるロサンゼルスと,隣接したロングビーチの2港です.東部へ向かう荷物も多くがここでシカゴ方面の鉄道に積み替えられます.現在のコンテナ不足の要因の一つが,外出抑制など経済活動が抑制されているために,米国でコンテナ貨物の回転が悪くなっていることがあります.もし,カリフォルニア州で経済活動が完全に再開すれば世界のコンテナ貨物輸送にとってもかなりのいいニュースです.
こうやって具体的な日付けを告知されると、希望が持てますね。

本当に、コロナ禍は日本の政治とメディアの劣化を露出しました。特に政治。高齢者が牛耳る政治の弊害は深刻だと思っています。

追記
これでカリフォルニア州から美味しいフルーツが入ってくるかな…と期待します
怒涛の勢い。
さすがアメリカ、力強い…
英国に飛ぶ鳥を落とす勢いで米国のワクチン接種率が日に日に増していますね。イスラエルモデルに各国右に倣えという状況が引き続き展開される中、昨年末に移動の自粛や制限を重ねても一時的な効果しか見られないだろうと先読みしたイスラエルの医療関係者や感染症学のインテレクチャルの達観した分析力はすごいですね。