新着Pick
759Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
投資するかどうかの判断基準が「この人と失敗しても、悔いはないと思えるか?」というのは、とても示唆的です。

起業家は、能力的にも人格的にも、信頼に足る人物であるかを見極められているということをしっかりと認識をして、研鑽を積まなければならないということだと理解をしました。
手品の種明かしを聞いているようで、すごいなあと思う一方こうした成功と「10回中7回は失敗」の分かれ目ってなんだろう、その辺りを本多さんはどう考えているんだろうと思いました。
常に投資テーマを念頭に置き、そこから投資すべき企業を絞り込んでいくという本多氏。どのポートフォリオ企業について聞いても、その市場の特徴や起業家本人の資質を踏まえてとことんロジカルに答えをくださるので、頭がすっきりと整理されました。
本多氏が普段からどのように考えて投資を決めているのか、その思考プロセスをお届けします。
ベンチャー企業経営者の目線では、下記③がものすごく腹落ちする。①②④は誰が見てもわかりやすいし、経営者は当然の如く意識する。しかし、③は見落とされがち。

①マーケットがどれだけ大きいか
②マネジメントチーム(経営陣)の質はどうか
③マネジメントチームとマーケットがフィットしているか
④きちんとプロダクトがあるか、あるいはこれから作り得るか

記事の中で取り上げられている、freeeの佐々木氏が、中小企業向けのプロダクトを扱うにあたって、前職で中小企業マーケティングをやっていて、その勘所がわかっていたというエピソードが示すように、経営者がマーケットの内部事情を知っているかどうかが、適切なプロダクトを作れるか、効率の良い販売ができるかどうかの鍵を握る。
ご本人も言われているとおり「10回中7回は失敗するわけなので、誰と成功するかではなく、「誰と失敗をするか」を考えます。」という世界です。

そういった意味では、成功談よりも、失敗談を伺うことができれば、更に勉強になる内容になると思いました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
DCMは投資余剰資金(ドライパウダー)がかなりあるのに投資哲学に沿わない投資は絶対に行わない。投資哲学とマッチした場合はフルベットというスタイルはとてもかっこいいし、日本にはほとんどそういう投資家はいません。引き続き今後の動きを楽しみにしています。
どれだけ創業者に惚れ込めるかがポイント、というのがよくわかりました。
非常に面白いインタビューでした!!
バナーデザインめっちゃ好き
この連載について
新しい産業をつくりだす黒子であるベンチャーキャピタル。米国で16兆円を超える、スタートアップ投資の仕組みと最先端を徹底取材する。