新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グッズ化の観点で鬼滅を考えると、下記はポイントだったかなと思います。

・主人公群が子ども→子ども向け商品を出しやすい
・衣装の模様が特徴的→服以外のアイテムを出しやすい

それに対して呪術廻戦は、登場人物が高校生以上。制服は個人の自由でアレンジできる、といった設定もあるので、○○モチーフという商品を出しやすい気はするものの、一般向けのグッズ展開は鬼滅より工夫が必要そうですね。

グッズといえば、アパレル展開の初期はプリントTシャツが量産されがちですが、プリントTシャツって結構難しいアイテムだと思うんです。無難すぎて大したアピールにならないので、コア層ほどあまり欲しがらない。ささやかゆえにブームが去っても着られるというメリットはありますが、じゃあそのくらいの温度感になったときにライト層が着続けるかというのもまた疑問。
中国でも大人気ですね、Z世代の子は、キャラクターグッズをわざわざ日本から買ってる人が多く、理由は本物が欲しいのと、多少でも作者に貢献出来たらという子が増えてきてる!
究極は、キャラクターが来ている服を「そのまま」売る、だと思います。
漫画でもアニメでも良いですが、二次元キャラクター発のヒットファッションってあるのかな。これといった事例が思いつかない。

やっぱり「人」が着てるものが良いと思えるのでしょうか。
漫画やアニメキャラの私服が総じてダサいというのはあるかもしれないけど。
「服を着るならこんなふうに」とかは良いのかな。
公式のホームページにはグッズが沢山載っています。発売日が未定のものもあり、これからどんどん増えるということがよくわかります。Tシャツなどアパレルの商品も沢山。
https://jujutsukaisen.jp/goods/

「『呪術廻戦』については、いまだ充分な供給量に達していないとの見方が大半」
アパレルではないですが、関連グッズが店頭で並んでいるのをちらっと見ましたが、確かにまだまだでした。

呪術廻戦に出てくるキャラクター自体がとてもオシャレですから、アパレルグッズへの期待も大きのではないかと思います。

鬼滅はコミック、書籍業界そしてダイドーなど様々なところを盛り上げましたが、呪術廻戦はどうなるか、楽しみです。