新着Pick
1217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
起業家や技術開発者などに必要な「高い創造性」は、自分の中から内発的に込み上げてくる「何かを生み出したい!何かを成し遂げたい!」という強いパッションが必須です。この記事は、「どのようにすれば内的動機付けが高い子供に育てられるか」という教育法であるように思います。

「アンダーマイニング効果」という面白い心理学実験があります。内発的に動機づけられた行動に対して、外から別の報酬を与えて「外発的動機づけ」を行うと、モチベーションが低下してしまうという現象です。例えば、好きでプレイしていたゲームに金銭的な報酬が与えられると、やる気がなくなってしまう、といった例を想像するとお分かり頂けるかと思います。

実際に神経活動のレベルでも、お金を与え続けていった結果、ゲームを始める時にも、ゲームがうまくいった時にも、外的報酬(=お金)なしには脳が活動しなくなっていくということが明らかになっています。

なかなか難しい事ですが、本来は勉強も「何かを知りたい、何かを学びたい」という内発的動機によって進められるべき行為ですが、テストの点数という枠組みで定量化され、ほめらえる・おこられるという外的報酬・罰則が加えられていった結果、徐々に学ぶ事そのものの喜びを忘れてしまうというのは、受験勉強の大きな弊害なのだろうと思います。
ウォジスキー家は、シリコンバレーで有名です。お父さんはスタンフォード大学の教授、長女はYouTubeのCEO、次女は医学部准教授、三女は23andMeの創業者(しかも、元夫はグーグル創業者のセルゲイ・ブリン)。てっきり、とても裕福な家だと思っていました。

しかし、このTRICKの本を読み、実は母親は非常に貧しいNYの家に生まれて、そこから独自の教育法を持って、娘たちを育てたことを初めてしりました。ZOOMでのインタビューでしたが、コロナ前には日本も訪問して、孫の一人は日本語も喋れるんだと、大変温かい人でした。

本書に書かれてる教育法は、シンプルです。どんな人でも実践できるものであり、チェックリストなども含まれています。私もちょっとだけ実践して、子どもとのリレーションを高めました(つもり)。世界的な3人姉妹を育てた、教育の記録について、ぜひご一読ください。

子育てのプロである私たちの保育現場でさえも、子どもの自立を即す、先入観に囚われずなんでもやりたいことを挑戦させる。シンプルなようでとても難しい。
これは何か新しいことをすることによる怪我などのリスクが先走るからだと思います。
特に幼児教育現場においては怪我などをするリスクに対してとてもセンシティブです。
子どもにとっての成功体験を増やす「挑戦」よりも、怪我をせずに帰ってくる方が良いと思う保護者の方は多いと思います。
起業もそうですが、その「挑戦」のリスクはどの程度なのか、本当に人生をかけるほどのリスクなのか、リスクの度合いを保育者も保護者も共に理解できるようになれば、こういった教育は日本でも広がります。
パロアルト高校の教師、そしてジャーナリズムの授業ー。それだけで、とても親近感を感じるものがありましたが、話がとにかく面白い!とても勉強になりました。

パロアルトは非常に特殊なエリアです。お金持ちの親が多く、とにかく子供への教育にすごくお金をかけます。学校が終わったら、演劇、ピアノ、歌、語学のレッスンととにかくすごい。

その一種「不健康」にも見える場所の中で、こういった子育てをしたというお話は大変興味深いです。
シリコンバレーの親たちの間ではYouTube CEOを娘に持つエスター・ウォジスキー氏の子育ては有名で私も彼女の著書を読みました。

彼女の教育哲学は子どもの自立を促す、そのための環境を作ること。子供の意思を信頼することです。

幼い頃からお金の使い方を学ばせるなど、いろんな経験を積ませ、将来的に自立した子どもに育ってくれることを母親であれば願うのではないでしょうか。
子供の自主性に任せる。決定権を子供に渡す。教育の黄金律ですね。親が思っている以上の能力を子供は持っています。

ただ、社会人として自立できるだけの素養はしっかりと教える。それがTRICK、信頼、尊敬、自立、協力、そして優しさです。

自立で大切なのは金銭教育。子供の頃にお金の価値、使い方、管理の仕方を教えたそうです。
子供に任せる、というシンプルだがなかなか実践している人が少ない教育法。Netflixのマネジメントでも自由と責任がうたわれていますが、まさに大人のマネジメントにも通ずることがあると思います。私も共感の子育て法だったので本を買ってさらに深堀りしてみようと思いました。
イーロン・マスク氏のお母様とお友達なのですね。
子どもと暮らす身としては、気になることばかり。
「レモン娘」から始まり、子どもたちの「奔放」なエピソードから、家庭の雰囲気が伝わってきます。

教育の秘密は、「子どもたちに自由と責任、決定権を与えること。子どもたちが独立した存在になるため、とても大切なこと」。

「子どもに、様々な決定権を渡すこと。実はこれが、多くの親御さんたちが最も苦手なことです」
成功できるかどうかは、最近日本でも見直されてきている非認知能力※が最も重要ってことでしょうか。

※IQや学力テスト、偏差値などのように点数や指標などで明確に認知できるものではない、
やり抜く力、目標に向かって頑張る力、自制・自律性、自己肯定感、他者へ配慮、コミュニケーション能力、論理的な思考力など
『子どもたちに自由と責任、決定権を与えること。子どもたちが独立した存在になるため、とても大切なことです。』

会社も同じ。その上でモニタリングとガバナンスの仕組みをどう取り入れるか。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。