新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にある3Dプリンタ文脈。宇宙・航空領域は、高コストであっても重量を減らせるとメリットがある。鋳造や切削加工では作れない立体造形を3Dプリンタで積層することでできるので、注目領域。3Dプリンタでロケット製造を行おうとしているRelativity Space(下記)も注目される。
https://newspicks.com/news/5412966
https://newspicks.com/news/4271661
https://newspicks.com/news/3986859

にしてもニコンの3Dプリンタに至る道は、考えてみると興味深い。
技術系譜としてのニコンの強みは、光学(レンズ)と精密駆動(カメラの機構や露光装置)。そして、金属3Dプリンタのために光を集積して出力を上げるというところで前者を活かし、それを精密に積み上げるというところで後者を活かすという感じだと思う。それによって小型・低コストの機械を作り、設置を楽にしている(そもそも設置が難しければ導入が難しくなる)。
カメラも露光装置も厳しいなかで、頑張ってほしい期待領域…!
https://newspicks.com/news/3953742
宇宙関係はまだまだ政府系調達が多く、その場合米国内small business は有利なのですが、ニホン企業による買収が、その辺りの契約に今後どう影響するかですねぇ 当分の間は、金属3DP使ってくれるのは航空宇宙か医療しかないですからねぇ (で、どちらも外国企業には壁が高いマーケットです)
株式会社ニコン(英語: Nikon Corporation)は、日本の光学機器メーカー。カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、顕微鏡、ステッパー、メガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学関連装置の大手メーカーであり、三菱グループの一員。三菱金曜会。 ウィキペディア
時価総額
3,833 億円

業績