新着Pick

感染状況に応じて保険料変動、第一生命が「コロナ保険」…業界初

読売新聞
第一生命保険は、新型コロナウイルスの感染状況に応じて保険料が変動する「特定感染症保険」を、9日に発売する。契約者が感染した場合に保険金を受け取れる保険はすでに販売されているが、感染状況によって保険料が変わるタイプは生保
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
需要と供給による ダイナミックプライシングは、 ホテルや航空料金ではすでに身近なものになっている。
感染率、致死率などいろいろな数理的分析で保険料が変わるというのも、データが取れるからこそ可能。
またその商品設計を見込み客が理解し 購入する仕組みも大切。
みんないつまでも 「一律」という発想から離れて保険商品を開発できる体制も応援したい。
契約時に想定されるリスクに応じて瞬時に適切な保険料を計算するのは大変ですが、契約時に想定される保険事故の発生確率に応じて保険料が決まるのが保険の大原則ですから、デジタル技術が発達して計算が可能になれば、当然出てきて良い発想で、需給に応じて儲けることを目的に航空やホテル業界などで活用されているダイナミックプライシングより本質を突いたサービスであるように思います。保険リスクが高い時の契約者と低い時の契約者の保険料が同じだと、リスクの低い段階で加入した顧客が結果的に不利になってしましますからね。 (^.^)/~~~フレ!
更に進んで加入者が感染防止に良い行為をしたらポイントが貰えて保険料が下がり、発熱、発汗、脈拍、陽性者との接触可能性といったものをスマホやスマートウォッチで集めてビッグデータをAIで解析して健康管理サービスまで行えば、DXの時代に相応しい保険サービスが出来るかも。個人情報に厳しい日本では難しいでしょうけれど (^_-)-☆
保険に掛けるお金を予防医療に回した方が…
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
2.68 兆円

業績