新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今、ノキアは携帯端末事業で敗北したルーザーと思われていますが、将来は、見事な戦略転換の例として称えられるかも。しかも、ノキアが大胆にリストラしたことで、優秀な人材が外に流れ、フィンランドのスタートアップ繁栄につながっています。
このタイミングで事業転換した勇気がまず凄い。ビッグデータとモバイル通信インフラ、ノキアの本来の強みを活かした分野で今後に期待したい!
日本では、ここまで事業の大胆な入れ替えを実行している大企業は稀。既存事業の入れ替えがない限り、長期低迷した企業に明日はない。
ノキアの大胆な自己変革の歴史には感銘する。環境の変化を進んで受け入れ切り拓いていく。本当に凄い!

現在の事業の柱はモバイルインターネットのインフラ事業などを始めとする通信機器、デジタル地図、技術ライセンスの3部門。今後はビッグデータを強化。
ノキアの時代と状況に合わせて製品分野を変えて来た柔軟性はスゴイし、日本で言えば、ベルトのバックルやシャープペンシルから始ったシャープも、同様に極めて柔軟だった。

将来ノキアが成功するとして見習うなら、シャープも液晶事業を売ってドラスティックな変革をする方が良いかも。
ええね。大胆な事業転換。
ノキアのコアコンピタンスは何なんだろう?シャープは?ソニーは?
自分の会社は、自分のどんな強みで世の中の役に立って行けるのかを考え続ける事が経営者の役割だと思う。
強いものではなく適応するものが生き残る。進化論を証明するような事業転換。自らの企業の存在意義、ミッションを突き詰めた先にこそ大胆な打ちてが取れる
まさにビジョナリーカンパニーの典型的事例。これができる企業とそうでない企業の違いはどこにあるのだろう。
ノキアの今、がよく分かる良記事です。↓この大胆な事業ポートフォリオの組み替えは、日本企業も学ぶところが多い、と考えます。

「「携帯端末事業の売却益をもとに50億ユーロを株主還元や負債削減などに充て、財務も大幅に改善した。通信機器部門の営業利益率は2ケタだ。地図事業を強化するため、人工知能(AI)の会社を買収したが、今後は企業買収や研究開発にも積極的に資金を投入していく」」
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
112 兆円

業績

ノキア(英語: Nokia Corporation、フィンランド語: Nokia Oyj)は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。現CEOは、Rajeev Suri。 ウィキペディア

業績