新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
BitStarでは本リリースにもある通り、ヒト(インフルエンサー)起点、モノ起点の両面からD2C事業を展開していきます。

坂本さんおっしゃるとおり、YouTuberの競争が激しくなると同時にマネタイズの多様化が進んでいくなかで、YouTubeをマーケティング手段として事業化をしていく流れが加速しています。

そのうちの一つの事業として当然ヒト起点のD2C事業があるのですが、課題としてはファングッズの延長線上から抜けられないことが挙げられます。

ファン向けのプロダクトから真のブランドにしていくためには、ものづくり(商品企画、SNSグロース、マーケティング、ブランディング、CSなどなど)を極めていく必要があると考えています。

そのうえでもモノ起点のD2C事業という隣接領域でありながらもヒト起点のD2C事業とも親和性があると考え、今回M&Aに踏み切りました。

BitStarは「100年後に名前が残る産業・文化をつくる」というミッションを掲げているため、このD2C事業でも国民的ブランドの創出にむけてがんばっていきたいと思います!
人気 Picker
D2Cやインフルエンサーの領域はまだまだ伸びることが間違いないのでたのしみ!

個人の活躍はわたしたちもどんどん追求したい!
youtuber市場の競争が加速していく中、配信数を稼いで売上をあげていくのが少しずつ大変になっていっていると思うので、こういう動きは必然ですね。
インフルエンサーとDtoCの相性の良さはすでに証明されてると思うので、BitStarにはさらに躍進して欲しいです。
とてもよい買収なのでは無いかと。
お互いの強みが合わさり、既存事業自体に改善がかかりそう。
きっと風土や文化も合わさっている筈。
YouTubeのマネタイズ手法がD2Cに広がってきたり、その内にNFTまで広がりそうで、まさにクリエイターズエコノミー。