新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
副業である程度収入があるというのは、本業の方への精神的&経済的依存がなくなって、お金のために働くというよりも、「楽しいから働く」という自己実現の要素が大きくなるのかな、と感じます。

私の周りでも、株式投資で本業よりも収入が多い人がたくさんいますが、そういう人たちは本業をなんとなく続けるのではなく、それぞれ主体的に本業を続ける意義を見出ています。
「働かされている」というのではなく、「自分が働きたいから働く」となると、本業も楽しくなるようです。中には最終的に、本業を続ける意義を見出せず、本業をやめた人もいましたが。

副業が今後どんな風に日本で広まっていくのか、それに伴い、わずか6%の人しか仕事にモチベーションを感じていないという日本の現状が今後どう変わっていくのか注目しています。

参考: 日本人のエンゲージメントの低さについての記事
https://japantoday.com/category/features/lifestyle/survey-finds-only-6-of-japanese-workers-motivated-7th-lowest-in-the-world
副業といってもアンケート内容は、株式投資、仮想通貨、FXが大部分を占めます。マーケットが好調なので一過性のもの。これを副業と言っていいのか微妙です。
株式投資は副業ではないだろと思いつつ将来何が本業かよくわからない働き方も増えてくるのかも。職業欄の選択が難しくなりそう
なんか無茶苦茶な記事ですね。

『一方で、副業の内容は、「株式投資」(44.8%)がトップ、次いで「アンケートモニター、ポイントサイト」(34.7%)、「FX投資」(26.4%)、「事務作業系」(21.2%)、そして「仮想通貨」(20.9%)となった。』

『ただし厚生労働省の調査では、株式投資などの投資は副業に含まれず、またほとんどの企業で投資は資産運用にあたり、副業に該当しないといわれている。』
副業ここまで進化してるのか!と思って読んでみたら、株式投資や仮想通貨などが多かったですね、いまのマーケットだと投資してる人の収入が多い、それはそうですよね
私もそんな時期はありました。でも投資は続けるのが大変だから微妙、私はチャイナショックで吐き出したので、だいぶ手を引きました。投資での副業が調子いいと、気持ちに余裕ができるのは良いけど、疎かになるのは確かですね。副業を投資って定めるのはとても安易。そうではなくてマルチに働く人たちがもっと増えた方が良い。
株式会社投資やFXや不動産投資などを「副業」というのには少し違和感がある。

それによってお金を稼いでいるという事であれば「資産運用」の方が適した言葉な気がする。

「副業」は自分の知識や労働力を使って価値を生み出す仕事というイメージ。
副業で収益が上がるに越したことはないですが、個人が職場以外の場所で成長することを通して、本業にもプラスの効果をもたらすような自己実現の場としてトライする働き方ができれば、可能性が拡がるなと思います。
何を持って本業というんでしょうね。その境目がどんどん曖昧になっていることを感じました。ポートフォリオくむことで得られる安心感があれば仕事も楽しめそうですね。
それってもう本業w
株式会社エイチーム(英語: Ateam Inc.)は、名古屋に拠点を置くスマートフォン向けコンテンツ、及び、インターネット向け比較サイト・サービスの開発・運営会社である。 ウィキペディア
時価総額
319 億円

業績