新着Pick

日独が初の2プラス2開催へ…中国念頭に「インド太平洋」で協力強化

読売新聞
日独両政府は、初めての外務・防衛閣僚会合(2プラス2)を4月中旬にもテレビ会議方式で開催する方針を固めた。16日を軸に調整している。覇権主義的な行動を強める中国を念頭に、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携
57Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
記事にあるように「米国や英国、豪州、ロシア、フランス、インドネシアなどとの間」にすでに2プラス2の枠組みがあり、それに続くのはドイツという発想かと思います。
人気 Picker
各国で中国に対する不信感が増している中で、日本を重要なパートナーとして再認識する動きが加速しています。これは日本にとって外交的なチャンスではありますが、中国の脅威に直接晒されていない国とは、未だに温度差があるのも事実です。
現在、欧米と中国の対立は、かなり深い。たとえば、世界の綿花の約20%は中国産であり、その主たる産地はウイグル人が住む新疆ウイグル自治区である。それで、昨年、H&M、ナイキ、ユニクロなどの企業は、新疆ウイグル自治区から綿花を調達しないことを誓約した。国際的には、そうしなければ消費者の支持を得られないからである。
英仏は理解できても、ドイツがインド太平洋にコミットしていく動機や根拠が今一つよくわからない。中国に対する脅威認識が高まっていることは確かだが、フリゲート艦を派遣するとか、2+2をやるとか、ちょっと迷走感がある。
インド太平洋地域の安定にドイツが寄与するのは日本にとり心強いことだ。
記事にもある通りドイツは昨年9月に「インド太平洋地域政策ガイドライン:ドイツ-ヨーロッパーアジア:ともに21世紀を創る」と題した外交戦略ペーパーを出していますが、フランスも2018年に同様のインド太平洋戦略を打ち出し、英国も先月の統合レビューで「インド太平洋地域」が地政学上の中心になりつつあるとうたっています。EU全体の統一的な外交戦略にまでなっていくのかどうか。
2プラス2には日本側から茂木外相と岸防衛相、ドイツ側はハイコ・マース外相とアンネグレート・クランプカレンバウアー国防相が出席する予定とのこと
「ドイツは昨年9月に新たな外交戦略「インド太平洋ガイドライン」を策定するなど、インド太平洋地域への関与を強めている」

こちらの記事もご参考です
「ドイツ、日本にフリゲート艦を派遣へ 中国けん制」(日本経済新聞、1月25日)
https://newspicks.com/news/5564304