新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大きなパネル…。こういう部屋で道路状況を把握するんですね!
(あくまで参考ですが)中国では道路状況に加えて、管理が必要な「特殊車両」は、1台1台のレベルで地方政府/輸送会社が運行状況をモニタリング出来るようになりつつあります
・危険物輸送車両や長距離観光バス等の全車両を地図上に
 マッピング(車両番号/経路/連続運転時間等)
・問題行動(喫煙/携帯通話/居眠り/無休憩/法令違反等)
 がシステムに発見された車両は自動的にアラート
・状況確認のために各車両の車内カメラ/ドライバーの
 様子をタイムリーに確認可能

さすがに一般トラックへの拡大はコスト(+一定の心理的抵抗?)のために未実現ですが、確実に事故の減少に役立っているようです

日本はベースの運転マナー/安全度が高いために問題になりにくいかもしれませんが、参考になる面もあるかと
・やろうと思えば上記のようなレベルでの知能化技術の
 社会実装も技術的には出来る
・「0 or 100」の議論ではなく本当に必要な部分だけでも
 考えてみるという姿勢は大事かもしれません
壁一面の巨大なパネルが印象的ですね。
「天候や交通状況に基づいた「事故リスク情報」や渋滞区間の通過時間を、高速道路上の文字情報板に表示できるようになる」そう。他の道路にも広がるでしょうか。
阪急阪神ホールディングス株式会社(はんきゅうはんしんホールディングス、英語: Hankyu Hanshin Holdings, Inc.)は、阪急電鉄・阪神電気鉄道・阪急阪神不動産・阪急交通社・阪急阪神エクスプレス・阪急阪神ホテルズおよびこれら6社の子会社を統括する持株会社。阪急阪神東宝グループの一翼を担う「阪急阪神ホールディングスグループ」の中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,658 億円

業績