新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なぜ車に乗りたいのか、理由によって所有なのかシェアなのか、変わると思います。

例えば、都内で車に乗りたい理由として、ドライブが好きだからであれば、シェアでは楽しみきれないし、そういう場合に燃費を気にする話ではないし、ペイするかなどという視点も、趣味なのだからあり得ないわけで。

車を趣味やエンタテイメントとして捉えないのであれば、今まり所有する必要はないのではないでしょうか。
若い世代で車を所有したい場合は、KINTOは検討の余地があると思います。トヨタの車に限られますが、記事にもあるように、自動車保険を考えると、若い世代が払う保険料よりも安く設定されており、そこがメリットになります。ある程度の年齢になればKINTOの設定保険料よりも安くなるとと思いますので、通常の購入と比べて購入することがいいんだと思います。
個人的にはKINTOのシステムを資本提携等している
スバル・マツダ・ダイハツ・スズキに売るなり、
貸すなりして、クルマサブスクの活性化になると
良い未来だと思いますね。

そしてTOKYOの若者に乗ってもらいたいなら、
個性の強い車を作ることも必要でしょう。

資本社会主義的な
4人乗りオープンカーがあると
Z世代ウケ良さそう。
必要性か、嗜好性か。それがクルマを使う(使うと書いてる時点でズレてるか)分岐点かと思います。
サブスクはまだ価値が分からない。所有に近いから、それだけ使う人なら所有の方が色々メリットありそうだけどな、とか(車両本体の値引きだったり、保険を自分で選んだり、とかでモデルコストは下げられるはずだから)
都会ならカーシェア一択で、所有はもはや富裕の証明としか思えない笑 富裕層向けのカーシェアとかあっても面白いなぁとは思いますがね。ガレージ必ずあって、車種がそっち向けで、コストが数倍、みたいな。それは事業者は儲からないか。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン