新着Pick
297Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大ベストセラー『Good to Great(日本名ビジョナリーカンパニー2)』にある「正しい人をバスに乗せないからルールが増える。ルールが増えるから、正しい人が辞め、ますますそうでない人を取らざる得なくなる」という悪循環を思い出しました。ガバナンスの考え方にも1票です。
人事考課がいいかげんだから、仕事の管理ではなく、人の管理になると思います。だから、成果を出した人ではなく頑張る人が日本企業では出世します。DXなど時代の変化に対応出来ない企業をレガシー企業と呼びますが、日本全体がレガシー化しつつあります。安部政権の働き方改革で筆頭に課題だった人事考課が、いつの間にか消されました。先進国の企業は、アフターコロナには3段階ぐらい経営の革新が進みます。置いてきぼりにならないためには相当な工夫が必要ですね。
日本の人事制度は基本的には性悪説に立って、悪いことをしないように、悪いことをしたときに罰せられるようにという設計になっていますので、活用する側としては使いにくいものになり、結果誰も使わなくなるというケースが多いです。

それは仕方がないとして、ポイントは各職場単位で上長の責任の下、運用レベルでどれくらい遊びを持たせられるかだと思います。
例えば、管理のためリモートワークは週2日までというルールがあったとします。でもその2日にカウントされるのはあくまで終日在宅勤務の日だけで、1日の中の部分的な在宅勤務はカウントしないという運用にすれば、それだけでも随分社員の働き方の幅は広がります。

言うなれば、悲観的に計画し楽観的に実行するってやつですね。
冒頭、まさにズバリのご指摘に、納得。
後ガバナンスの定義もなるほどな、と思いました。
不祥事が続く企業の第三者報告書など見ると、よくガバナンスに問題あり、と書かれているのを見ると、どれだけ組織の中の人の意識が大切かを感じます
『人に必要なのは「管理」ではなく「規律」』
冒頭のこの一文、好きな表現。

・結果を出せれば、自由に動いた方が良い
はもちろん理想系で目指すべきところの1つだと思うが、

・一定の枠組み(規律)があった方が動きやすい / 連携しやすい
のも事実かと実感する。

特に多様な人が、大人数で有機的に結びついてチームワークする上では、半ば必須なのかもしれない。
ちょっとぐらいサボっても結果出てるならそれで良いと思う。Zoom常時接続で監視してる会社とかあるけど、どんだけ社員信じてないんだろう
社員の行動把握や管理が目的化すると、生産性が落ちる
そして、それは、リモートワークになったから、という話では無く依然から変わらないことだと感じます
関連記事一覧
ドイツ人上司に「目標管理が緩いのでは?」返ってきた意外な答え
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
527Picks

「会社を辞めたいなあ」と思った瞬間ランキング
ITmedia ビジネスオンライン
207Picks

ヘルスケアデータの一括管理で毎日の健康管理をするテクニック
Engadget 日本版
47Picks

「宗教っぽい会社」は悪なのか? 強い文化による組織マネジメントにはメリットも多い(曽和利光)
Yahoo!ニュース 個人
37Picks

「自分が抜けたら会社が立ち行かなくなるのでは」と心配してる人は「爆発を背景に歩き去るの楽しいですよ」
こぐま速報
10Picks

今までの管理職は、悪気なく“今までの管理職像”で突き進む オープン型の働き方に必ず求められる「管理職育成への投資」
ログミー
8Picks

「定年後を“黄金の15年”にできる人」と「人生に悔いを残す人」を分ける50代の働き方 楠木新(神戸松蔭女子学院大学教授)
PHPオンライン衆知|PHP研究所
5Picks

日本の日付管理を世界標準にしたい。 - 西村博之/ひろゆき
BLOGOS - 最新記事
4Picks

4人の管理職が見た「年収が上がりやすい人、上がらない人」の特徴
LIMO
4Picks

消費者が家計の「管理と計画」を行うためのサブスク式の財務プラットフォーム「Monarch」が5.3億円調達
TechCrunch Japan
4Picks