新着Pick
479Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まだまだ広告一本足打法だったGoogleがcookieなどの個人追跡を撤廃する発表をした際に、デバイスはじめ他領域への展開は容易に想定出来たけどリテールも始めるんですね。

https://news.mynavi.jp/article/20210304-1770234/

確かに既存検索エンジンとリテールの組み合わせは相性良さそうに思えますが、なんだかAmazonとの衝突は神々の戦い感ありますね!笑
反Amazon同盟。Googleはまあまあ漁夫の利だなw


グーグルは、同社のクラウドAIツールであるVision AIやRecommendations AI、さらにBusiness Messagesなどを、食料品チェーン店の業務に送り込み、「世界で最も予測可能な食料品エンジン」 を実現したいと考えている。

アルバートソンズとグーグルはさらに、食料品店の買い物客が店内で商品を見つけやすくするためのグーグル検索とマップの統合や、決済端末へのグーグルペイの統合も進めている。両社はともに、アマゾンとの激しい競争に直面している。
この見出し、「アマゾンに対抗」は間違いではないが、「eコマース」ではなく「AWS」と対抗する、と読むのが正しいような気がします。

AlbertsonsがMS AzureとかでなくGoogle Cloudを使うことにしました、というのと同じ程度の意味合いなのか違うのか、Google側にAlbertsonsのユーザー情報が把握できるようになるのか、この記事でははっきりわかりません。

どちらにしても、グーグル自体が販売や配達をするわけではなさそうなので、コマース向けのオプション機能を強化したクラウド・プラットフォームを提供する、ということのように読めます。つまりは、AWSやAzureに対抗する、ということかと。
ホールフーズ x Amazonのすごいところは、素早い配送はもちろんのこと、実際に人が購入に行って、品切れの場合に代替品をテキストでサジェストしてくるところ。パーソナルなサービスが提供できると同時に雇用も生み出していてさすがだなと思います。Googleがどう対抗するのかに期待です。
商品情報を容易に管理できるハードウエアを提供するPointyの買収を発表した昨年からGoogleの小売に対する関心を感じてきました、裏読みとしては本質的UX向上やブランド評価のロジックを作りたいのでは?と思っています。
Walmartはマイクロソフト。
Whole Foods Marketがアマゾン。
Albertson’sがグーグル。
小売は、DX化無しでは生き残れない時代に突入しましたね。
オンとオフラインをAmazonは長年にわたって構築し、信頼を得て、まだ進化している。そこにはクラウドネットワークも拡張し、オフラインのインフラを確実にして、引き続きオンラインでもUIの進化やこれからは屋外での購入にも着手して必ず実現するのでしょう。Googleは膨大な量のデータ、AI、クラウドライブラリー上にTensorFlowを含む膨大な数のAI実行プログラムを保有しているかと推察します。こういったリソースを次の一手としてどのサービスや産業に導入、実装、運用していくか、そこにはオフラインの流通インフラの整備があるかと思います。様々な改善点、修正点も指数関数的なスピードで学習して気がつくと我々の欲しいプロダクト、商品がGAFAから手に入れる。この国はすでにあらゆるデータが諸外国のプラットフォームに渡っているのかと思うと、反対に何をしなければいけないのかも学習、予測、行動していかないとなと思います。僕はそういったリテラシー等を共有出来る様にSNS等で発信していきたいです。
いよいよGAFAによるリアルビジネスへの侵攻が進むことになった印象を受けます。

もちろんそれは食品スーパーに留まらず、物流や自動車はもちろん、さらには金融、不動産、エネルギー、飲食業等、あらゆるリアル産業に侵食していくように感じます。

何故なら、もうリアルとデジタルの境目がなくなってきて、デジタルのないリアルが存在しない世界へとどんどん進んでいるからです。

もう1つ欠かせない視点は、それもまた現在のデジタルビジネスで勝つためなのだろうと思います。

なぜなら、AI時代に重要なのは実証試験であり、膨大なデータの蓄積だからです。データを蓄積するにはリアルビジネスを吸収することが手っ取り早いのだろうと想像できます。
自社による直接参入ではなく、既存スーパーのバックヤード的システムを担う。
ミッションからすると、グーグルが目指すのは、あくまで世界の情報を整理し、誰もがアクセス可能な世界です。
今回、小売に進出するのもクラウド事業のためですし、検索エンジンを鍛えるため、というのが非常にわかりやすいです。

一方のアマゾンは、客が求めるものを瞬時にお客の元に届ける、とあくまで「モノ」ベースの企業です。
アマゾンの理想は物質転送装置の完成だと言われることがあります。

目指すものが違う両者ですが、音声アシスタントなど直接対決する場面もあり、
プライム会員の囲い込みアイテムとしてのアマゾンエコーと
音声世界の学習機会を重視するグーグルアシスタントと考えるとわかりやすい気がします。

今回も、互いの理想を遠くに見ながら、
目の前の戦いを繰り広げていくのだと思います。

GAFAは、どの企業も目指す世界が明確だからこそ姿勢がブレずに戦えるのでしょう。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
180 兆円

業績