新着Pick
273Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
野村だけでなくみずほまで、、、
人気 Picker
アルケゴスについては、未開示の金融機関もあるものの、これ以上大きなサプライズはないのではと思います。

ただ、アルケゴスのようなファミリーオフィス(目安として、100億円を超える個人資産を運用する機関)は、世界に数千から1万程度あるとされ、比較的緩い規制の下で運用を行なっています。

そういうファンドが、CFDやTRSといったデリバティブで、本体のリスク量がわかりにくい運用をやっていない保証はなく、今後もこうした「綻び」がポツポツと出てくる可能性はあるでしょう。
「2021年3月期の純利益予想~~3500憶円」ですから、100億円規模の損失が仮に生じていても適時開示基準の30%の利益変動には遠く及びません。他にも利益の変動要因は様々あるでしょうから「現時点で業績予想に影響を与える事象は発生していない」というのは、ああそうですか、と信じるしかないんじゃないのかな・・・ (・・;
事実なんでしょうから、伝えるのはいいのですが、これ見ても何のことやらでしょうに、ちゃんと理解して記事にできる記者に報じてほしい。
真っ当な記事出してるならいいのですが、こんなのを私のニュースの筆頭にリコメンドしないで欲しい、、、

だからなんだ?という程度の話でしかありません。
業績予想に変更を与える事象は発生していない、そりゃそうでしょうね。
サブプライムの時は6千億円超だったので、かすり傷。
適時開示されていないので、要確認ではありますが。
ロイターでは下記記事で「現時点で業績予想に影響ある事象発生してない」と報じられていましたが、100億円規模の損失が発生する可能性があるとの報道。
【みずほFG「現時点で業績予想に影響ある事象発生してない」=アルケゴス問題で】
https://newspicks.com/news/5731380
また、下記のような報道もありました。
【みずほもアルケゴス関連で調査、MUFG損失額に近い可能性-FT紙】
https://newspicks.com/news/5731464
三井住友は大丈夫なのでしょうか?
プライシングが難しい取引にどれくらい入り込んでいたかと、社内のリスク管理体制の2要素により、損失の開示タイミングが変化する印象。
国内企業の損失公表、3件目ですね…
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.09 兆円

業績