新着Pick

市場ゆがめる慣行対処へ G7貿易相、中国念頭か

共同通信
市場ゆがめる慣行対処へ 【ロンドン共同】先進7カ国(G7)は3月31日、G7として初となる貿易担当相会合をオンラインで開いた...
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今度こそ対中包囲網が本格的に始動しそうですね。実は2018年、日米欧で中国のWTO違反の市場歪曲的措置を根拠に、対中包囲網を作ろうとしました。一部では対ソ連のココム復活かと取りざたされました。しかし、トランプ政権が対EUに対しても関税引き上げなど貿易戦争を仕掛けたため、立ち消えになりました。今回は3月19日のアラスカでの米中2+2でブリンケン国務長官が中国から面罵されたことで、米国は一気に包囲網を作りました。ブリンケンは余程腹に据えかねたのでしょう、この1週間世界中を飛ぼ回りました。今度は、市場歪曲的措置に加えて人権弾圧も根拠としています。また、ドイツを除きG7の結束に揺るぎはありません。一方の中国も2+2でイランやトルコを陣営に組み込もうと猛スピードで外交攻勢をかけています。米中貿易戦争は、米中覇権争いにはっきりと姿を変えて、今年後半以降の最重要テーマになりそうですね。米国は7月4日の独立記念日に対コロナ戦争勝利宣言が出そうです。その後には金融市場としても、長期金利に次ぐ重要テーマになりそうですね。添付は2018年に書いた当時の雰囲気を伝える対中包囲網に関するレポートです。
https://www.resonabank.co.jp/nenkin/info/economist/pdf/180706_2.pdf
G7は初の貿易担当相会合をオンラインで開催。
「中国を念頭に置いているとみられ、G7で包囲網構築に向けた議論が進む可能性がある」