新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
所属が"尖った人"になりたければ、入山さんのように今人気の外資系コンサルでないところに逆張りしたらよいのかもしれません。ただ大多数の人にとって、選ぶのはとても難しいのではないかと思います。

基本は「少し前」がベストなんだろうなと思います。次にくる業界、次にくる会社、です。

ただそんな頭でっかちに考えても仕方ないので、最後はこれだと感じだものを信じればいいでしょ、とも思ってしまいます。

僕自身を振り返ると、外資系が人気らしい!とヤフーニュースで知り、もともと「興味がある」という自己起点で希望していた証券会社に、社会トレンドの外資系という軸を足してキャリアを始めました。
その後は今人気の戦略コンサル業界へと移りましたが、その時も「これから来る!」という社会トレンドよりは、「やってみたい」という自己起点が選んだ主な理由でした。それで特に後悔はありません。

なので、まずは自分の興味関心という「自分勝手なもの」から絞り込み始めて、そのほかの条件を掛け合わせていって選べばいいんじゃいでしょうか。
入山先生は大学の先輩だったのですね。私も新卒外資系コンサル入社ですが、ATKは素晴らしい会社で(とても仕事は苦労しましたが・・)多くのことを学ばせていただきました。会社に還元する前に退職をしてしまい申し訳なく思います。

当時と今ではコンサル業界を取り巻く環境も大きく変わっていますね。20年経てばExコンサルの方が様々なクライアントや起業家となり、コンサル会社の当時のノウハウは社会に普及しています。

当然、コンサル会社自身が進化していかなければ生き残れないかと思います。知識産業ですので、私が知る当時と今のコンサル会社は全く別のコアケイパビリティを保有している会社になっているでしょうね。
わたしも90年代後半の新卒アクセンチュアですが、ふとしたきっかけで知り合った内定者に面白い人が多いということで、志望し始めたということがありました。

まあ、そういう面白い人たちは、いまはかなり人気になったコンサル業界には行かないんじゃないかな。評価が固まった業界なので。

やっぱり、評価が固まっていないところに行っちゃうような人が多くいるところが良いかと思います。
関連記事一覧
元プロ野球選手の転職先は…外資系コンサル 逆算のセカンドキャリア
withnews.jp
116Picks

「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方(曽和利光) - 個人
Yahoo!ニュース
18Picks

「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方(曽和利光)
Yahoo!ニュース 個人
17Picks

就職活動の「軸」を見つける方法 根っこのない一般論は採用担当者に響かない
キャリコネニュース
10Picks

2021年はビジネス界の「大転換元年」に。ディスラプションが最も起こりそうな2つの業界とは?【音声付・入山章栄】
Business Insider Japan
8Picks

苦境の百貨店業界に活路? アマゾンもコンビニも敵わないデパートの圧倒的な「強み」とは【音声付・入山章栄】
Business Insider Japan
5Picks

なぜ人は焚き火に惹かれるのか? 心理学が解く「共感高まるコミュニケーション」の秘密【音声付・入山章栄】
Business Insider Japan
5Picks

戦略コンサルという高級ソープランドビジネス
note(ノート)
4Picks

欧米のミレニアル世代で早期リタイアが流行。それでも僕が「絶対にリタイアしたくない」理由【入山章栄】
Business Insider Japan
4Picks

オリパラ組織委を日本企業は笑えない。「透明性」なき組織に共通する3つの病巣【音声付・入山章栄】
Business Insider Japan
4Picks