新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小池百合子が「医療が逼迫している」と嘘をついて緊急事態や時短を続けたせいで東京都はもう資金が底をついてしまった

東京都の「貯金」17年ぶり1000億円割れ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59298680Z10C20A5L83000
大阪府でも同じようか問題が起きていましたよね。ここでは時短要請だとか一律協力金のあり方だとかの賛否については述べません。早くなんとかしてくださいとお願いしたいです。

行政の担当者がさぼっているわけではないことは重々承知しています。きっとどっと申請書類が届いて現場はたいへんなのだとも思います。しかしもうちょっとなんとかならなかったもんでしょうか。

支給を受ける側の話をしますと仮に申請書類を提出しても「⚫日後の⚫月⚫日を目処に支給される」ということがあらかじめわかっているわけではないんです。申請をしてから1ヶ月後か2ヶ月後か3ヶ月後かの予期せぬある日にいきなり「支給決定通知書」が送付されてきて振込が行われるんですよ。申請書類を出したらそのあとはほとんどブラックボックスです。

これではせっかくの制度なのに時短に協力して売上減を甘受した挙げ句に資金繰りで倒産しかねない事業者が出てきますよ。せめて申請書類に瑕疵がなければ「申請後⚫日で支給される」というような確約さえあればそれをいわば担保として銀行も短期融資に応じてくれるはずなのに。

今回が初めての支給ケースではないのですし苦境にある事業者から一斉に申請のあることは容易に予想できたはずです。制度設計のあり方も含めてプロセスを見直しておいてくれればよかったのにと思います。