新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
完全に個人的な印象なので間違っているかもしれないが、たしかに日本は政府の中の宇宙関連の人材が不足していると思う。いままで日本の宇宙開発は文科省の下でJAXA(もともとはNASDA、ISAS、NAS)と研究機関が研究開発として進めてきた。経済、安全保障、外交などを含む、政府の大きな全体戦略の中での宇宙の位置づけが見直されてからまだ日が浅く、このような分野での宇宙の経験のある人が少ないのだろう。
これまで「平和利用」に徹していたJAXAから防衛省に人材を派遣するようになったというのは隔世の感があるが、それでも防衛省が自前で人材をそろえられないと、大きな防衛戦略の中における宇宙という話にならなくなる。
「防衛省は宇宙海洋政策室長とAI・サイバーセキュリティ推進室長について昨年末、民間企業を含め部外からの公募を実施。宇宙海洋政策室長に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の男性(47)を採用した。」
専門的で、かつ最新の情報を常にアップデートしていかなくてはいけない仕事だと思います。任期は2年とのことですが、なかなか中で現状育成することは難しいと思いますし、時限的な助っ人ではなく専門家として腰を据えて仕事をしてもらうのが良いようにも思います。